1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 野球ある日常に喜び 広島-横浜戦で「ピースナイター」

野球ある日常に喜び 広島-横浜戦で「ピースナイター」

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年08月07日 05:01

灯籠を広島市立大学の学生ボランティアに託す横浜DeNAの筒香選手(奥)=広島市南区のマツダスタジアム
灯籠を広島市立大学の学生ボランティアに託す横浜DeNAの筒香選手(奥)=広島市南区のマツダスタジアム

 広島への原爆投下から74年が経過した6日、プロ野球広島東洋カープ-横浜DeNAベイスターズ戦が平和と核廃絶を訴える「ピースナイター」として開かれた。マツダスタジアム(広島市南区)を埋めた約3万人1千人のファンはチームの垣根を越え、日常に野球がある喜びをかみしめた。

 ピースナイターは、カープ球団などでつくる実行委員会の主催。2008年から毎年8月6日か、前後のホームゲームで続けている。

 スコアボードには半旗が掲げられ、鳴り物応援を自粛。試合前には「被爆ピアノ」による国歌演奏や、灯籠の委任式が行われた。

 灯籠は原爆ドーム(同市中区)付近で犠牲者の鎮魂を祈って行われる灯籠流しで使われるもので、両チームの監督、選手がそれぞれの願いを込めた。

 横浜DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)が灯籠に記したメッセージは「ラブアンドピース」。「世界平和」と書いたという守護神、山崎康晃投手(26)は「絶対に忘れてはいけないことで、今の自分と同年代の野球選手が命を落としたということもある。過去の先輩への感謝もあるし、自分たちができることがあればやっていきたい」と話した。

 五回終了時には、ジョン・レノンの名曲「イマジン」が流れる中、観客が配布された紙を掲げ、スタンドを平和の象徴である緑色に染めた。内野席の原爆ドームと同じ高さ25メートル付近には赤い「ピースライン」が描かれた。地元カープファンだけでない。三塁側のベイスターズファンも、一つになった。

 観戦前に広島平和記念資料館(同市中区)を見学したという藤沢市の会社員(40)は「こうやって野球を楽しめるのは平和だからこそ」と、平和の大切さを感じていた。


シェアする