1. ホーム
  2. 社会
  3. 「飲んだら、泳がない」 三浦海岸などで呼び掛け

「飲んだら、泳がない」 三浦海岸などで呼び掛け

社会 神奈川新聞  2019年08月06日 05:00

吉田英男市長(左から2人目)にキャンペーン開始を報告したJLAの担当者ら=2日、三浦市役所
吉田英男市長(左から2人目)にキャンペーン開始を報告したJLAの担当者ら=2日、三浦市役所

 海水浴シーズンを迎え、飲酒による水難事故を防ごうと、日本ライフセービング協会(JLA)は1日、三浦海岸海水浴場(三浦市)など全国6カ所で啓発キャンペーンを開始した。

 三浦海岸では31日までの期間中、「飲んだら、泳がない」などと注意を呼び掛けるうちわ千枚を救護本部で配布。売店や周辺の飲食店などにも啓発ポスターを掲示してもらう。

 JLAによると、JLA所属のライフセーバーが2012年から18年に活動した約200の海水浴場で、疲労やパニックなど人的要因で溺れたケースのうち、飲酒は8・7%(平均値)を占める。また重症者の6割が飲酒をしていたとのデータもあるといい、JLAの担当者は「少しのアルコールでも事故につながる可能性がある。水難事故を1件でも減らしていきたい」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会