1. ホーム
  2. 社会
  3. 「飲んだら、泳がない」 三浦海岸などで呼び掛け

「飲んだら、泳がない」 三浦海岸などで呼び掛け

社会 神奈川新聞  2019年08月06日 05:00

吉田英男市長(左から2人目)にキャンペーン開始を報告したJLAの担当者ら=2日、三浦市役所
吉田英男市長(左から2人目)にキャンペーン開始を報告したJLAの担当者ら=2日、三浦市役所

 海水浴シーズンを迎え、飲酒による水難事故を防ごうと、日本ライフセービング協会(JLA)は1日、三浦海岸海水浴場(三浦市)など全国6カ所で啓発キャンペーンを開始した。

 三浦海岸では31日までの期間中、「飲んだら、泳がない」などと注意を呼び掛けるうちわ千枚を救護本部で配布。売店や周辺の飲食店などにも啓発ポスターを掲示してもらう。

 JLAによると、JLA所属のライフセーバーが2012年から18年に活動した約200の海水浴場で、疲労やパニックなど人的要因で溺れたケースのうち、飲酒は8・7%(平均値)を占める。また重症者の6割が飲酒をしていたとのデータもあるといい、JLAの担当者は「少しのアルコールでも事故につながる可能性がある。水難事故を1件でも減らしていきたい」と話した。


シェアする