1. ホーム
  2. 話題
  3. 「日本の税金は50種類」 横浜で「夏休み親子税金教室」

「日本の税金は50種類」 横浜で「夏休み親子税金教室」

話題 神奈川新聞  2019年08月04日 05:00

税金クイズに答える子どもたち=横浜市西区
税金クイズに答える子どもたち=横浜市西区

 税金の知識と役割を楽しく学ぶ「夏休み親子税金教室」が3日、横浜市西区の横浜ランドマークタワーで開かれた。東京地方税理士会(北島則行会長)の主催で、FMヨコハマの番組「教えて税理士さん」とのタイアップ企画。小中学生の親子約60人が参加した。

 夏休みの宿題に役立つ教室を通じて税に関する知識を深めてもらう狙い。税理士の武居誠史さんと梨井俊さんが講師を務めた。クイズや紙芝居で税の仕組みや使途などを分かりやすく説明。税金で賄う公立学校教育費は中学生1人当たり約101万5千円などと例を挙げ、「公平な集め方、公平な使い方、みんなで知恵を絞って考え続けよう」と語り掛けた。

 同市都筑区から参加した中学1年の渡辺梨玖さん(13)は「日本は税金が50種類あるとか、すごく興味深かった。税金の大切さが分かったので、ちゃんと勉強して世の中に出たら払おうと思う」と話していた。

 教室の模様は、FMヨコハマの番組「Lovely Day♡」内の「教えて税理士さん」(毎週火曜午前11時20分~)で6日に放送される。


シェアする