1. ホーム
  2. 社会
  3. 「当然の法理は差別」 外国籍教員任用制限問題解消へ交渉

「当然の法理は差別」 外国籍教員任用制限問題解消へ交渉

社会 神奈川新聞  2019年08月03日 05:00

公立小中高校の外国籍教員が常勤講師にしかなれず、管理職への道が閉ざされているなど任用が制限されている問題で、民族差別と闘う神奈川連絡協議会などの団体は2日、東京都千代田区の衆院第2議員会館で文部科学省、外務省の担当者と問題の解決に向けた交渉を行った。常勤講師として働く在日コリアンの当事者や学識経...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする