1. ホーム
  2. 社会
  3. 安全感謝状贈呈で決意 77歳男性が免許を自主返納

安全感謝状贈呈で決意 77歳男性が免許を自主返納

社会 神奈川新聞  2019年08月03日 05:00

感謝状を受け取り、運転免許証を返納した日下部さん(左)=横須賀署
感謝状を受け取り、運転免許証を返納した日下部さん(左)=横須賀署

 7月まで横須賀青少年交通安全連絡協議会会長を務めた日下部宣雄さん(77)が2日、運転免許を自主返納した。地域の交通安全に貢献したとして、横須賀署から感謝状が贈られたことなどで決意したという。

 日下部さんは1959年、運転免許を取得。約60年間、無事故を続けた。7月に会長を退き、77歳の誕生日も迎え、署から感謝状贈呈を打診されたことを契機に返納を決心したという。

 日下部さんは「相次ぐ高齢ドライバーの事故に心を痛めていた。不便でも、事故が起きてからでは遅いと思い、決断した」と説明。感謝状を手渡した鑓溝裕也署長は「自主返納を迷っている方への後押しとなる」と話した。

 日下部さんは県内10店舗を有する「日下部新聞店グループ」の顧問。2016年5月から同協議会会長を務め、新聞販売店を対象に交通安全指導や運転講習を行って二輪車ドライバーの交通事故防止に貢献した。


シェアする