1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 車検切れの広報車を1週間運転 相模原市消防局

車検切れの広報車を1週間運転 相模原市消防局

政治行政 神奈川新聞  2019年08月02日 18:49

相模原市役所

 相模原市は2日、消防局の広報用軽ワゴン車1台を1週間にわたって自動車検査証の有効期限が切れた状態で使っていたと発表した。車両管理事務担当の職員が車検証の有効期限の確認を怠っていたためという。

 市消防局警防課によると、軽ワゴン車は7月26日に車検が切れたが、防火に関する立ち入り検査などの業務で職員5人が4回運転した。車両管理事務担当の職員が車検切れに気付く8月1日までの間、計47キロ走っていたという。

 道路運送車両法違反の可能性があるため、市は2日、相模原署に届け出た。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕