1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 「挑戦者の気持ち忘れず」 東海大相模ナインらが本社訪問

タテジマ 令和の王者へ
「挑戦者の気持ち忘れず」 東海大相模ナインらが本社訪問

高校野球 神奈川新聞  2019年07月31日 05:00

甲子園での健闘を誓う東海大相模ナインら=横浜市中区の神奈川新聞本社前
甲子園での健闘を誓う東海大相模ナインら=横浜市中区の神奈川新聞本社前

 2015年以来の全国制覇へ-。高校野球の第101回全国高校選手権神奈川大会で4年ぶり11度目の優勝を飾った東海大相模ナインらが30日、横浜市中区の神奈川新聞社などを訪問し、甲子園での健闘を誓った。

 28日の神奈川大会決勝では24-1で日大藤沢を下した。決勝の最多得点記録を更新し、大会タイの1試合5アーチを放った打線は破壊力十分。野口裕斗(3年)や紫藤大輝(同)ら投手の層も厚く、早くも優勝候補に挙げられている。


あいさつする東海大相模の門馬監督=横浜市中区のハーバーズ・ダイニング
あいさつする東海大相模の門馬監督=横浜市中区のハーバーズ・ダイニング

 主将の井上恵輔(同)は「一致団結し、挑戦者の気持ちを忘れず、帰ってきた時に良い報告ができるようにしたい」と意気込み、門馬敬治監督(49)も「神奈川代表は勝つことを宿命付けられている。我々の今年のチームが名を刻めるように頑張ります」と力強く話した。

 この日までに甲子園のベンチ入り18選手も決定=表。ナインは8月1日に大阪入りする。全国選手権は3日に組み合わせ抽選会が行われ、6日に開幕、21日の決勝まで熱戦を繰り広げる。 

(1)紫藤 大輝(3年)
【2】井上 恵輔(3年)
(3)山村 崇嘉(2年)
(4)加藤  響(2年)
(5)金城 飛龍(3年)
(6)遠藤  成(3年)
(7)西川 僚祐(2年)
(8)鵜沼 魁斗(2年)
(9)本間 巧真(3年)
(10)野口 裕斗(3年)
(11)諸隈 惟大(2年)
(12)萩原 義輝(3年)
(13)石田 隼都(1年)
(14)松本 陵雅(2年)
(15)茂谷  光(2年)
(16)高嶋 壮汰(3年)
(17)冨重英二郎(3年)
(18)緒方  舜(3年)
記録員  池永 広樹(3年)
※数字は背番号、【】は主将。


シェアする