1. ホーム
  2. 話題
  3. 旧神報連メンバーによる写真展 横浜で8月5日まで

旧神報連メンバーによる写真展 横浜で8月5日まで

話題 神奈川新聞  2019年07月30日 16:12

第2回の写真展を開いた「フォト四つ葉」のメンバー=かなっくホール
第2回の写真展を開いた「フォト四つ葉」のメンバー=かなっくホール

 旧神奈川報道写真連盟(神報連)のメンバーが設立した写真同好会「フォト四つ葉」の第2回作品展が30日、横浜市神奈川区の区民文化センター「かなっくホール」ギャラリーで始まった。多彩な77点が並ぶ。8月5日まで。

 会員は13人。それぞれが5、6枚の組み写真で、「海辺の風景」「かながわの魅力」「箱根駅伝」などのテーマを表現。宮ケ瀬湖(清川村)の花火とイルミネーションを活写した一枚や山下公園(横浜市中区)などで開かれた色鮮やかな花のイベントを切り取った作品も展示されている。

 同会は10年ほど前に4人で結成し、昨年初の写真展を開催。現在は横浜市中区を拠点に、撮影会と勉強会を開き、自由に意見交換している。会長の乾ゆりゑさん(72)=横浜市港南区=は「個性豊かな作品をぜひ、見ていただければ」と来場を呼び掛ける。

 入場無料。午前10時~午後5時(最終日は同4時まで)。会場はJR東神奈川駅、京急仲木戸駅より、ともに徒歩1分。問い合わせは、乾さん☎080(5463)7723。

フォトギャラリー(フォト四つ葉写真展)


シェアする