1. ホーム
  2. 話題
  3. 川の下のもうひとつの川 五反田川放水路で親子見学会

川の下のもうひとつの川 五反田川放水路で親子見学会

話題 神奈川新聞  2019年07月29日 19:01

建設が進む五反田川放水路の工事現場(市北部都市基盤整備事務所提供)
建設が進む五反田川放水路の工事現場(市北部都市基盤整備事務所提供)

 水害対策として建設が進められている「五反田川放水路」の夏休み親子見学会が8月19日、川崎市多摩区生田の工事現場で開かれる。クレーン車への乗車やショベルカーの運転など、日頃味わえない体験も盛りだくさんの内容だ。

 五反田川は台風や集中豪雨でたびたび氾濫し、1976年や94年には住宅が浸水する被害が発生している。雨量が増えた際にバイパスとして機能させるため、92年度に放水路の建設事業が始まった。

 計画では、同区生田の五反田川から同区登戸新町の多摩川までの約2キロを地下トンネルで結ぶ。2023年の完成を予定し、供用開始後は流域の約7100戸が浸水被害から守られる。

 見学会は小学4年生以上が対象で、小学生は保護者同伴。午前9時、同11時、午後1時半の計3回で、定員は各20人程度(応募者多数の場合は抽選)。市北部都市基盤整備事務所の担当者は「普段入れない工事現場を間近にするとともに、建設機械に触れる貴重な機会を楽しんでもらいたい」と話している。

 申し込みは8月4日までで、市ホームページから。問い合わせは、同事務所電話044(955)1200。


シェアする