1. ホーム
  2. 話題
  3. 大和阿波おどりに1300人、軽快な踊り 飛び入り参加も

大和阿波おどりに1300人、軽快な踊り 飛び入り参加も

話題 神奈川新聞  2019年07月28日 19:50

大和阿波おどりで披露された総踊り=大和駅周辺
大和阿波おどりで披露された総踊り=大和駅周辺

 「ヤットサー」と沸き上がる威勢のよい掛け声-。大和の夏の風物詩とされる「第43回神奈川大和阿波おどり」が27、28の両日、大和駅周辺で開催され、多くの市民らでにぎわった。

 神奈川大和阿波おどりは関東三大阿波踊りの一つとも言われる市内最大級のイベント。商店街の通りなどに10カ所の演舞場が設けられ、「連」と呼ばれる市内外のグループによる軽快な踊りが披露された。

 28日は31の連約1300人が参加。地元の14の連から選抜されたメンバーによる「総踊り」も行われた。各連のちょうちんを先頭にかねや太鼓に合わせてそれぞれの踊りを演じ、沿道に集まった観客を魅了した。飛び入りで参加できる「にわか連」も募集され、家族連れらが楽しんだ。


シェアする