1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 「甲子園に行きたかった」 公立の雄・県相、エースの涙

高校野球神奈川大会 準決勝
「甲子園に行きたかった」 公立の雄・県相、エースの涙

高校野球 神奈川新聞  2019年07月28日 05:30

東海大相模11-2県相模原

 「抑えようという気持ちが出過ぎてしまった」。県相模原の天池は、わずかな心の隙が力みに直結した。

県相、刻んだ快進撃 佐相監督「幸せな時間だった」
【東海大相模-県相模原】フォトギャラリー7月27日


8回、無死二三塁のピンチに天池(右から3人目)を囲む主将坂手(左橋)ら県相模原ナイン=横浜
8回、無死二三塁のピンチに天池(右から3人目)を囲む主将坂手(左橋)ら県相模原ナイン=横浜

 2点を返した直後の八回に、四球を挟んで4連打を浴びてあっという間の4失点。「ごまかしが効かない。甘い球を全部痛打してきた。甲子園常連のチームはさすが」。疲れを言い訳にしなかった。

 今大会で初めて苦手の先発を託された。六回までは2本塁打があったとはいえ、内角を攻めて「打ち気をそらせた」とは捕手風間。シンカーやフォークボールも織り交ぜ、細身の体でパワーヒッターに立ち向かった。

 応援席にはこの夏対戦した公立校の選手たちの姿もあった。準々決勝で王者横浜を撃破した「公立の雄」の戦いぶりを、さぞ誇らしげに見つめていたことだろう。

 「横浜戦は投げていて一番楽しかった。甲子園に行きたかった。もっと野球がやりたかった」と涙に暮れた県相のエース。神奈川ベスト4に堂々と胸を張っていい。


 

シェアする