1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 7月28日の試合速報・結果

高校野球神奈川大会 決勝
7月28日の試合速報・結果

高校野球 神奈川新聞  2019年07月29日 00:42

 第101回全国高校野球選手権神奈川大会最終日は28日、横浜スタジアムで決勝が行われ、東海大相模が24-1で日大藤沢を破り、4年ぶり11度目の栄冠をつかんだ。

 東海大相模は先発全員の26安打で、決勝の大会記録を大幅に更新する24得点と圧倒。三回に遠藤成(3年)、四回に鵜沼魁斗(2年)、山村崇嘉(同)、西川僚祐(同)が本塁打を放つと、六回には山村の2打席連続アーチが飛び出し、大会記録に並ぶ1試合5本塁打をマークした。先発の野口裕斗(3年)は5回を1失点に抑えた。

 日大藤沢はエース武冨陸(同)が四回途中9失点で降板し、打線も散発3安打に封じられた。

 本大会は8月6日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕。同21日までの16日間、熱戦が繰り広げられる。組み合わせ抽選会は同3日に行われる。

【高校野球ノート】悔しさバネに新時代を

横浜スタジアム

日大藤沢東海大相模

東海大相模
016 712 700|24
000 010 000|1
日大藤沢

【関連記事】東海大相模は野口、日大藤沢は武冨が先発
【関連記事】東海大相模が11度目の優勝
【関連記事】今夏初先発、野口 投打でリベンジ
【関連記事】1番鵜沼、5打点 脅威の長打力存分に
【関連記事】東海大相模24得点、1試合5アーチ
【関連記事】東海4年ぶりV 決勝最多24得点
【関連記事】相模・井上主将、けが乗り越え悲願「仲間に支えられた」

【関連記事】西川42号、山村38号 2年生、無敵の破壊力

【関連記事】東海大相模・門馬3きょうだいも歓喜「今度こそ日本一を」
【関連記事】日藤、力の差まざまざ 「相手にならなかった」

【関連記事】日大藤沢「こんな点差初めて」
【関連記事】日大藤沢、9失点降板のエース武冨 体力限界、球走らず
【関連記事】「よく頑張った」 OBで特別コーチの山本昌広さん
【日大藤沢-東海大相模】フォトギャラリー

【評】5本塁打を含む先発全員の26安打、24得点の記録的猛攻で東海大相模が頂点を極めた。二回1死三塁で内野ゴロの間に先制。三回に4短長打、遠藤の2ランで6点を奪い、四回は鵜沼、山村、西川の一発で7点。六回に山村は2打席連続アーチを放った。先発左腕の野口は5回1失点で試合をつくり、石田-紫藤の継投も無失点と盤石だった。日大藤沢は序盤から投手陣が打ち込まれ流れを失い、なすすべがなかった。

(1)遠藤成 全員の力が一体となった。神奈川でやってきた野球を出し日本一になりたい
(2)井上恵輔 一回から九回まで攻める気持ちを保てた。士気をもう一段上げていきたい
(3)山村崇嘉 甲子園でもやることは同じ。一点でも多く相手を上回る。全部出し切る
(4)松本陵雅 単純にうれしい。日本一を目標にしてきた。スタートラインに立てた
(5)金城飛龍 甲子園でさらに強くなった自分を見せたい。父に出場決めたぞと言いたい
(6)萩原義輝 序盤で勝負という気持ちだった。(決勝の得点記録は)おまけです
(7)西川僚祐 試合に出られない仲間を甲子園に連れて行きたかった。日本一を狙う
(8)鵜沼魁斗 甲子園では先頭バッターとして打線を爆発させられるよう勢いをつけたい
(9)高嶋壮汰 打撃の調子が悪かった。バットを振り込み甲子園でチームに貢献したい
(10)紫藤大輝 最後に投げられて良かった。これで日本一へのスタート地点に立てた
(11)野口裕斗 リラックスして投げられた。先発でもリリーフでも日本一に導きたい
(12)緒方舜 みんなとうれし泣きができて良かった。一戦ずつ成長して日本一になる
(13)冨重英二郎 マウンドに集まって優勝した実感を持てた。みんなの頑張りのおかげ
(14)加藤響 一体感があったから勝ち取れた優勝。甲子園では打撃で貢献したい
(15)本間巧真 先輩たちの悔しさを見てきたから、自分たちの代で優勝できてうれしい
(16)茂谷光 自分たちの目標の日本一に向けて、甲子園では一戦必勝で頑張りたい
(17)大塚瑠晏 守備で出る場面が多いので、甲子園でも出番があれば役割を果たしたい
(18)石田隼都 勝ててうれしい。フワフワした感じ。任されたイニングを全力で投げたい
(19)菖蒲谷嶺 優勝できて率直にうれしい。甲子園でも投手陣をブルペンで支えていく
(20)諸隈惟大 甲子園でもいいテンポで投げて、攻撃にリズムを生む投球をしたい

門馬敬治監督 ほっとしています。自分たちのアグレッシブ・ベースボールを貫けた。
長谷川将也部長 率直にうれしい。ここで満足せず目標の日本一に向けて頑張りたい。
池永広樹記録員 チームに絶対的柱はいないと言われていた。各自が自分の仕事をした。

甲子園でも健闘を
本村賢太郎・相模原市長の話 優勝候補の一角として注目が集まる中、見事に甲子園出場という最高の結果をもたらされたことは、皆さまが積み重ねてこられた努力のたまもの。甲子園でも優勝を目指して健闘されますことを、市民とともに期待しております。

日大藤沢・山本秀明監督 決勝まで来れると思わなかったので選手はよく頑張った。打倒・東海の目標は変わらない。
日大藤沢・姫木(2年生4番) 甲子園に行けなければ初戦敗退も準優勝も一緒。サガミの2年生がボコボコと本塁打を打っているのに…。
日大藤沢・捕手牧原(大会3本塁打の2年生) 相模とは全てにおいて差があった。この点差を縮めていくため、技術も精神力も鍛錬したい。
日大藤沢・菅波 相模は強かった。気合を入れて臨んだけど、相手の勢いにのまれてしまった。
日大藤沢・平松 こてんぱんにされた。あんなにアジャストされると思わなかった。


【日大藤沢-東海大相模】東海大相模、先発の野口
【日大藤沢-東海大相模】東海大相模、先発の野口

【日大藤沢-東海大相模】日大藤沢、先発の武冨
【日大藤沢-東海大相模】日大藤沢、先発の武冨

【日大藤沢-東海大相模】2回、東海大相模・遠藤が先制の内野ゴロを放つ
【日大藤沢-東海大相模】2回、東海大相模・遠藤が先制の内野ゴロを放つ

日大藤沢の応援に訪れた元中日の山本昌さん
日大藤沢の応援に訪れた元中日の山本昌さん




 

シェアする