1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 東海大相模が県相模原にコールド勝ちし、決勝進出

高校野球神奈川大会 準決勝
東海大相模が県相模原にコールド勝ちし、決勝進出

高校野球 神奈川新聞  2019年07月27日 16:58

【東海大相模-県相模原】3回、東海大相模・鵜沼が2ランを放つ
【東海大相模-県相模原】3回、東海大相模・鵜沼が2ランを放つ

 夏の高校野球神奈川大会準決勝、東海大相模-県相模原(横浜スタジアム)は東海大相模が11-2の八回コールド勝利を収め、2年ぶり19度目の決勝へと駒を進めた。

 東海大相模は三回に1番鵜沼が左翼席中段に先制の2ランを運ぶと、六回には7番西川も2ランを放ち、4ー0とリードを広げた。2点を返された直後の八回には、5安打に2盗塁など足も絡めて打者11人で7点を加え、試合を決めた。投げては左横手の諸隈が6イニングを2安打無失点と好投し、流れを作った。

 県相模原は七回に2つの敵失に乗じてノーヒットで2点を返したが、連打は一度もなく2安打に封じ込まれ、初の決勝進出を逃した。

 東海大相模の門馬敬治監督は「県相模原の勢い、執念、スタンドを巻き込んでいく雰囲気、すべてに圧力をかけられる中での戦いだった。決勝は誰だって心は試合に向いてくる。あとは体を試合に向けられるかどうか。今日のように足をつる選手が出たりすると、厳しい采配になってくる」と次戦を見据えた。


 

シェアする