1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 日大藤沢-桐光学園 試合展望 午前11時開始

高校野球神奈川大会 準決勝
日大藤沢-桐光学園 試合展望 午前11時開始

高校野球 神奈川新聞  2019年07月27日 05:00

 第101回全国高校野球選手権神奈川大会は27日、横浜スタジアムで日大藤沢-桐光学園(試合開始午前11時)、東海大相模-県相模原(同午後1時半)の準決勝2試合を行う。いずれも第1シードの桐光学園は2年連続、東海大相模は2年ぶり、第3シードの日大藤沢は23年ぶり、ノーシードから勝ち上がった県相模原は初の決勝進出を目指す。

 181校の頂点まであと2勝。令和初となる甲子園出場を懸けた、決戦に挑むのはどのチームか。4校の戦績とデータから準決勝2試合を展望する。



 2015年の秋季県大会2回戦で桐光学園が7-1で勝利するなど06年以降、桐光が公式戦8連勝中。5試合連続コールド勝ちの猛打で桐光学園が優位に立つが、日大藤沢はエース武冨の粘投で競り合いに持ち込み、勝機を見いだしたい。

日大藤沢(第三シード) エース粘りに勝機


日大藤沢・武冨
日大藤沢・武冨

 日大藤沢は左腕武冨への期待が大きい。140キロ超の直球、2種類のスライダーやツーシームを操り、ここまで24回を投げて、防御率1・13とエースの役割を果たす。

 打線はリードオフマン牧原が打率3割5分、2本塁打と勢いを与え、菅波、石川、姫木もそれぞれ打率4割超と上位打線をけん引。菅波は4盗塁と足でもかき回せる。準々決勝で先制タイムリーを放った森田はチームトップの7打点と得点圏で無類の強さを発揮している。

・「チームの雰囲気良い」
 日大藤沢・山本秀明監督
(49)の話 
 強いか弱いか分からないチームだが良い雰囲気で来ている。力は8強でも下の方。投手陣に頑張ってもらう。一生懸命、全力でやらせます。


日大藤沢・山本秀明監督
日大藤沢・山本秀明監督

「チャンスで結果出す」
 日大藤沢・森田克主将
の話 
 本当に粘り強くなってきた。横浜隼人戦で逆転勝ちしたのが大きい。武冨が良いので、少ないチャンスでいかに結果を出せるかが決勝進出の鍵になる。


日大藤沢・森田克主将
日大藤沢・森田克主将

▽2回戦 11-1 湘南台(6回コールド)
▽3回戦  4-3 横浜隼人(延長10回)
▽4回戦 10-3 橘(7回コールド)
▽5回戦  8-1 座間(7回コールド)
▽準々決勝 4-1 鎌倉学園


桐光学園(第一シード) 4強最高打率誇る


桐光学園・鈴木
桐光学園・鈴木

 4強最高のチーム打率4割5分3厘、1試合平均10・6得点と圧倒的な打線だ。先頭楠本、2番鈴木の出塁率は6割近く、4試合で初回に得点して流れをつかんでいる。唐橋、安達、馬込の中軸も打率3割を優に超える。中でも4番安達はチームトップの8打点をマークしており勝負強い。

 エース左腕安達は2試合で8回2/3を投げて無失点、被安打2、16奪三振と完璧だ。右腕谷村も3試合で2完投、防御率1・65と安定する。

「甘いところ一振りで」
 桐光学園・野呂雅之監督
(58)の話 
 最善の対策をして、自分たちの良いところ、得意な部分をより出したい。甘く入ったところを一振りで決めきれるかどうかが勝負となる。


桐光学園・野呂雅之監督
桐光学園・野呂雅之監督

「接戦にも自信がある」
 桐光学園・高橋建心主将
の話 
 厳しい試合を経験していないが、練習試合では多く経験していて、自分たちは接戦にも自信がある。限りなく失点を減らせば限りなく勝ちはついてくる。


桐光学園・高橋建心主将
桐光学園・高橋建心主将

▽2回戦  10-0 小田原(5回コールド)
▽3回戦   9-0 県横須賀工(7回コールド)
▽4回戦  11-1 横浜南陵(5回コールド)
▽5回戦  10-0 横須賀総合(5回コールド)
▽準々決勝 13-5 向上(7回コールド)


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会