1. ホーム
  2. 社会
  3. 心の病に理解を 横浜で体験語る講演会

心の病に理解を 横浜で体験語る講演会

社会 神奈川新聞  2019年07月26日 12:43

 心の病に対する理解を深めようと、講演会「精神障害とともに生きる」が8月4日、横浜市中区の市健康福祉総合センターで開かれる。県立精神医療センターの小林桜児医療局長の講演、パーソナリティ障害や発達障害の当事者の体験談などで、前向きに生きる術を考える。

 摂食障害、境界性パーソナリティ障害などを支援しているNPO法人「のびの会」(同市金沢区)の主催。小林さんは「人を信じられない病の先に」と題して、心の病の回復に信頼関係が与える効果について語る。パーソナリティ障害、アルコール依存症、発達障害などの当事者5人が体験を語るほか、下総精神医療センターの中根潤副院長がコーディネーターになりディスカッションも行う。

 正午~午後4時。先着順で定員200人。参加費は一般1500円、会員千円。問い合わせは同会事務局(火~金曜日、午前11時~午後5時)電話045(787)0889。


シェアする