1. ホーム
  2. 経済
  3. 日産、EVリーフ全面改良

日産、EVリーフ全面改良

経済 神奈川新聞  2017年09月07日 02:00

日産自動車が全面改良して発表したEVリーフ=千葉市の幕張メッセ
日産自動車が全面改良して発表したEVリーフ=千葉市の幕張メッセ

 日産自動車(横浜市西区)は6日、千葉市の幕張メッセで全面改良した電気自動車(EV)リーフの発表会を開いた。航続距離を初代モデルの2倍の400キロに伸ばし、先進的な自動運転技術も搭載した。

1回充電400キロ走行


 日産自動車が全面改良したEVリーフは10月2日に国内で発売され、米国やカナダ、欧州でも来年1月に納車を開始する予定。新開発の大容量電池を搭載し、1回の充電で走れる航続距離を初代モデルの2倍の400キロと大幅に伸ばした。自動運転支援システムも搭載し、同社が誇る電動化と知能化技術を結集。環境規制が強まり、世界規模でEVシフトが加速する中、西川廣人社長は「EV先駆者から、さらなる進化を果たす」と決意表明した。


全面改良したEVリーフを発表する日産自動車の西川社長(左から2人目)ら同社幹部=千葉市の幕張メッセ
全面改良したEVリーフを発表する日産自動車の西川社長(左から2人目)ら同社幹部=千葉市の幕張メッセ

 生産は横須賀市の追浜、米国・スマーナ、英国・サンダーランドの各工場で行う。動力源の車載電池は2010年に登場した初代の約1・7倍の容量となり、航続距離の伸びを実現した。高効率、高出力のパワートレインを採用し、加速性能、静粛性も向上した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする