1. ホーム
  2. 社会
  3. 一時保護の男性死亡 川崎署

一時保護の男性死亡 川崎署

社会 神奈川新聞  2017年09月06日 10:12

 川崎署は6日、署内に保護していた40代ぐらいの男性の容体が急変し、搬送先の病院で死亡したと発表した。同署は司法解剖し、死因を調べる方針。

 同署によると、5日午後5時25分ごろ、同市川崎区駅前本町の個室ビデオ店の男性店員から「客が『覚醒剤を使用した』と話し、言動がおかしい」などと110番通報があった。駆け付けた同署員が注射器を首に刺そうとするなどした男性を保護、車で移送した。

 署内の保護室の床であおむけの状態で寝ていた男性の様子を署員が見ていたが、同8時40分ごろに突然嘔吐(おうと)したため、救急搬送。男性は同9時50分ごろ、死亡が確認されたという。

 同署は「対応に問題はなかった」としている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会