1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 日藤・理想的な試合運び 1番牧原活躍「満点に近い」

高校野球神奈川大会
日藤・理想的な試合運び 1番牧原活躍「満点に近い」

高校野球 神奈川新聞  2019年07月25日 00:57

日大藤沢4-1鎌倉学園


【日大藤沢-鎌倉学園】6回、日大藤沢の牧原がソロを放つ
【日大藤沢-鎌倉学園】6回、日大藤沢の牧原がソロを放つ

 先制、中押し、ダメ押しと、日大藤沢が理想的な試合運びで第1シードの鎌倉学園に付け入る隙を与えなかった。

 口火を切ったのはキャプテン森田だ。二回、1死二塁。鎌学・荒川の高めに浮いた123キロを中前へはじき返して先制し、早くもマウンドから引きずり降ろした。

 これに続いたのがリードオフマン牧原だ。1-0の六回に貴重なソロで追加点を挙げ、九回には試合を決める2点適時三塁打。「ここぞという時に打つのがキャプテン」と森田が胸を張れば、牧原も「満点に近い」と自賛する活躍ぶりだった。

 屈辱の初戦敗退から1年。「強いんだか弱いんだか分からないチームだったけれど、7月に入って良い勝ち方ができるようになった。雰囲気はかなり上がっている」と山本秀明監督(49)は勢いを実感する。

 強いはずだ。開会式後には東海大相模と練習試合を行い、8-4で勝利したという。その試合でも好左腕・野口から一発を放った牧原は「劣勢になっても『俺たちはサガミに勝った』という自信がある」と胸を張る。今夏は、横浜隼人や橘に逆転勝ちとチームはたくましさを増している。

 23年ぶりの決勝切符を懸けた次戦も第1シード桐光学園が相手だが、「攻撃でも守備でも死に物狂いでいく」(牧原)と挑戦者の気概で突き進む。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会