1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 日藤・武冨10K完投 屈辱乗り越え「終わりじゃない」

高校野球神奈川大会
日藤・武冨10K完投 屈辱乗り越え「終わりじゃない」

高校野球 神奈川新聞  2019年07月25日 05:00

日大藤沢4-1鎌倉学園


【日大藤沢-鎌倉学園】完投勝利し、顔をほころばせる日大藤沢の武冨(中央)=横浜
【日大藤沢-鎌倉学園】完投勝利し、顔をほころばせる日大藤沢の武冨(中央)=横浜

 ようやく広がった夏空に、グラブを外した右拳を突き上げた。日大藤沢の左腕武冨が9回を5安打、10奪三振で1失点完投。2015年以来の4強に導いたエースは「責任感を持って戦ってきたので、気が抜けました」と力を出し切った充実感をにじませた。

 完封ペースだった九回に1点を返され、なお1死一、三塁。サウスポーの脳裏には昨夏の敗北が浮かんだ。1年前の初戦の藤沢翔陵戦。2番手で救援しながら同じ九回に3点を許して逆転負けを食らった。4年ぶりの初戦敗退の屈辱だった。

 「顔が死んでんじゃねーか」。マウンドに来た一塁手の筒井に頭をはたかれてわれに返った。「もう俺じゃ負けない」。次打者を外角の直球で二ゴロ併殺に仕留め、苦い記憶を打ち消した。

 10回1失点で完投した横浜隼人戦から中6日と休養十分のマウンド。終盤まで球威は衰えず、八回には自身最速の144キロをマークした。2種類のスライダーもより生きた。

 胸に刻んでいた言葉がある。「おまえが投げたら当たり前に4強はいける」。OBの特別臨時コーチ山本昌広氏(元中日)から受けた指導で、精神面でも自信が持てるようになった。

 「またおまえで負けるのか」。長い冬の間、そう叱咤(しった)してきた山本秀明監督(49)も「本当に嫌みたらしく言ってきてさ。本人も自覚して去年の倍くらい練習してきたんだ」と成長を喜んだ。

 4強というレジェンドとの約束は果たしたが、「まだ終わりじゃない」ことは誰よりも分かっている。24年ぶりの聖地へ。いよいよ暑くなってきた夏の主役へと躍り出る。


 

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会