1. ホーム
  2. 経済
  3. 開業した新店舗を表彰 川崎市がエントリー募る

開業した新店舗を表彰 川崎市がエントリー募る

経済 神奈川新聞  2019年07月23日 10:53

 川崎市は、空き店舗を活用して開業した魅力的な新店を表彰する「いらっしゃい! 商店街のNew Shop」のエントリーを募っている。店づくりのこだわりや創業にまつわるストーリー、地域への思いなどを踏まえて審査。受賞店舗は活用の好事例として広く発信される。

 2015年度から続く事業で、優れた新店舗を紹介し、創業機運を高めるとともに、空き店舗解消策のヒントを提供することで、商店街の活性化につなげるのが狙い。

 大賞の1店舗には賞金30万円、優秀賞の2店舗には各10万円が贈られ、昨年度は大賞に高津区のカフェ、優秀賞にはいずれも川崎区の生花店とお好み焼き店が選出された。

 本年度は、16年4月1日~今年3月31日にオープンした店が対象。空き店舗となって1カ月以上経過した物件を活用し、市内の商店街に加入していることも条件となる。書類選考、現地訪問などを経て来年3月、福田紀彦市長が出席して表彰式が行われる。

 市商業振興課の担当者は「受賞店舗は市としても応援していく。幅広い応募をお待ちしている」と呼び掛けている。

 エントリーは8月30日締め切りで、エントリーシートや商店街の推薦書などをそろえ、同課に提出する。問い合わせは、同課電話044(200)2353。


シェアする