1. ホーム
  2. 経済
  3. 日産、追浜工場に100億円投資 納整センターなど新設

日産、追浜工場に100億円投資 納整センターなど新設

経済 神奈川新聞  2019年07月23日 05:00

日産追浜工場
日産追浜工場

 日産自動車(横浜市西区)が追浜工場(横須賀市)に約100億円を投じ、新車納入前の整備を行う「納整センター」や、約7千台を収容する車両保管場を新設することが22日、分かった。注文から納車までの時間の短縮化や、輸送効率を高める狙い。近く発表する。

 追浜工場の敷地内で最も海側にある「第4地区」に、総面積約2万2千平方メートルの納整センターと、同1万5千平方メートルの大規模機械式車両保管場を建設する。

 新しい納整センターの整備能力は1日当たり500台。座間市内と追浜工場内にある県内の同センターを統合し、効率化するとともに、能力を増強する。日産の納整センターでは国内最大規模となる。

 投資額は100億円を超える見通し。今秋着工し、2021年5月の稼働を目指す。集約後の座間や追浜のセンター跡地の活用は今後検討する。

 納整センターでは、日産の各工場で作られた車を受け入れ、ディーラーオプションのカーナビや自動料金収受システム(ETC)機器などを取り付けたり、購入者が選んだ内外装品を装着したりする。


追浜工場の港湾拠点
追浜工場の港湾拠点

追浜工場(日産自動車提供)
追浜工場(日産自動車提供)

 日産は全国10カ所に納整センターを設け、全国各地の販売店へ納車している。県内の2カ所はいずれも老朽化し、再整備が必要となっていた。追浜工場は港湾施設と隣接していることから、納整後の輸出や、国内工場からの受け入れなどにも適していると判断した。

 日産は近年、日産自動車九州(福岡県苅田町)の生産台数を増強してきた。県内や関東圏の販売店に納める車両は、九州からいったん追浜工場の港へ航路輸送していることから、追浜の納整機能の向上により、この点でも効率化できる見通しだ。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会