1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 踏切りで転倒、線路の間に 茅ケ崎の東海道線で事故

踏切りで転倒、線路の間に 茅ケ崎の東海道線で事故

事件事故 神奈川新聞  2019年07月21日 23:50


 21日午後8時35分ごろ、茅ケ崎市本村2丁目のJR東海道線茅ケ崎―辻堂間の秋上踏切(遮断機、警報機あり)で、人身事故があった。

 茅ケ崎署によると、同市内に住む男性会社員(63)が自転車で踏切を横断中に転倒、直後に熱海発小金井行き上り普通電車が通過した。男性はレールの間に倒れたとみられ、腕などにけがをして病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 JR東日本横浜支社によると、東海道線は上下線で計8本が運休、当該電車を含め上下線で計12本が最大で約1時間25分遅れ、約1万3千人に影響した。


シェアする