1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 岡田准一、36歳の心境「もう刺激的なこと求めてない」

女性自身
岡田准一、36歳の心境「もう刺激的なこと求めてない」

カルチャー 神奈川新聞  2017年09月04日 10:51

岡田准一、36歳の心境「もう刺激的なこと求めてない」(写真:女性自身)
岡田准一、36歳の心境「もう刺激的なこと求めてない」(写真:女性自身)

 「いつものことですが、台本を飽きるくらい、何回も読みました。読みすぎて眠れず、体が泣いているように感じて、撮影中は、夜に散歩して気をまぎらわせていましたね。でも、そこまで追い込まれた作品のほうが、あとで褒めてもらえることが多いので、今回もそうなれてよかったな、と」

 こう語るのは、今や日本映画に欠かせない役者の1人ともいわれる岡田准一(36)。数々の名演技の裏には、毎回これほどまでにストイックな準備があったのだ。公開中の主演映画『関ヶ原』でも、正義を貫き、愛を信じた戦国武将・石田三成役を全身全霊で熱演している。

 「原田(眞人)監督が、25年間構想し、細部までこだわって撮影していました。自分にとっても大切な作品になると感じましたし、ああ、これこそ時代劇、という熱のこもった現場でしたね」

 戦国史上最大規模の戦いを真正面から描いた本作。そんな戦いのさなかでも三成は、正室がいながら助けた忍びの初芽(有村架純)を愛してしまう。合戦の前に「終わったら一緒に旅に出よう」と告げるシーンに、胸がキュンとなる。

 「初芽とのシーンはちょっとした恋物語。監督も大事にしたい、と言っていましたが、僕も同じ思いです。壮大な歴史スペクタクルのなかの、三成の正直でピュアな感情。ありきたりなラブではなく、淡い恋なんですが、そのバランスが絶妙なんです」

 映画のテーマでもある「愛と野望の激突」。本作は愛を貫く三成と野望に燃える家康という対極を描いているが、岡田自身は?

 「僕は、何事にも優しくなれる男でありたい。仕事でもプライベートでも。もう30半ばになって、刺激的なことや、面白いことも求めてないですしね」

 今回の撮影で、岡田は溺愛している甥っ子を合戦の現場に呼んで見学させたが、反応はあまりなかったそう。

 「この映画のすごさを理解できるようになるのは、まだまだ先みたい。いまの彼にとっていちばんすごいのは、『超ひらパー兄さん』。あの園長をやっているのが僕の叔父さんだよ、っていうのが誇りみたいです(笑)」【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
滝沢秀明に森田剛も…映画で殻を破るジャニーズタレントたち
これが岡田准一!?「捨て身で大好き」と新CMが話題
岡田准一&宮﨑あおい「伊勢神宮」で「しいたけ」食べた
V6長野博 白石美帆との夫婦の夢は「ライダーズカフェ」開業
手話が話題のV6三宅健 リオパラリンピックで感じた“違和感”


シェアする