1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 終盤の連打で均衡破る 鎌倉学園

高校野球神奈川大会
終盤の連打で均衡破る 鎌倉学園

高校野球 神奈川新聞  2019年07月20日 14:22

【鎌倉学園-大師】7回表、鎌倉学園・磯﨑先制タイムリー
【鎌倉学園-大師】7回表、鎌倉学園・磯﨑先制タイムリー

 ベスト16入りを懸けた夏の高校野球の神奈川大会4回戦で20日、第1シードの鎌倉学園は7-0で大師に八回コールド勝ちを収めた。22日の5回戦で横浜商大-上溝南の勝者と対戦する。

 鎌倉学園が6-5で勝利した春季県大会の2回戦以来の顔合わせとなった一戦。鎌倉学園は五回までに9残塁と決め手を欠いたが、七回1死二塁から磯崎、小山の連続適時打で均衡を破った。さらに、8番竹村が3点適時二塁打を放ち、この回一挙5得点で流れを決めた。荒川-本多の継投もはまり、相手打線を零封した。大師は遊撃戸田、一塁中島の好守備で好ゲームを演出したが、最後は2番手佐藤らが打ち崩された。

 鎌倉学園・竹内智一監督は「相手は素晴らしいチーム。気持ちで負けないようにしていた。きょうは我慢できたところが勝因」と話した。 


 

シェアする