1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 「本気で勝つ気でいた」 藤沢西エース、王者追い詰める

高校野球神奈川大会
「本気で勝つ気でいた」 藤沢西エース、王者追い詰める

高校野球 神奈川新聞  2019年07月18日 05:00

慶応2-1藤沢西


6回、送りバントを試みた慶応・関にタッチする藤沢西投手・渡辺=相石ひらつか
6回、送りバントを試みた慶応・関にタッチする藤沢西投手・渡辺=相石ひらつか

 「本気で勝つ気でいた」という藤沢西のエース渡辺が、8回を2失点完投。陸の王者を追い詰め、慶応の主将善波も「素晴らしい投手」と脱帽した。

 三宅裕太監督(30)が慶応打線の弱点を分析したメモを、左腕は前日に丸暗記したという。この日を見据えて2回戦までは変化球を極力投げず、準備は徹底していた。

 1-1の五回2死一、二塁のピンチでは、慶応のスラッガー広瀬に内角へ力強い直球を見せ、スライダーやスクリューでタイミングをずらし、二飛に打ち取った。それでも敗れた渡辺は「監督を男にしたかった…」と目を腫らした。

 思わぬ苦戦にも、昨夏の北神奈川王者は冷静だった。今春の県大会で藤沢清流に0-2で敗れた経験があったからだ。「ほとんど同じ展開。だから、接戦でもベンチは焦らなかった」とキャプテン。森林貴彦監督(46)は「反省点はたくさんあるが、接戦を経験できたことをプラスに捉えたい」。この辛勝を糧に、次戦タテジマと対する。


 

シェアする