1. ホーム
  2. 話題
  3. 鶴見工業高跡地に商業ビル建設へ

鶴見工業高跡地に商業ビル建設へ

話題 神奈川新聞  2017年09月01日 11:18

 横浜市は31日までに、2011年3月で閉校した市立鶴見工業高校(同市鶴見区下野谷町3丁目)跡地(西側)の事業予定者が、大和ハウス工業(大阪市)に決まった、と発表した。同社は商業施設や有料老人ホームなどが入居する5階建てビルを18年度に完成させる予定。

 同社の提案によると、1階にミニスーパーやドラッグストア、金融機関、クリーニング店、飲食店の五つの商業施設や地域交流施設が入居。2~5階に有料老人ホームや病院関連施設を整備する。市は今年9月に同社と土地売買契約を結ぶ予定。公募売却価格は約10億960万円。

 市財政局によると、同校跡地を含むJR鶴見線鶴見小野駅周辺のまちづくりを進める上で、近隣住民から商業施設や地域交流拠点などを求める声があり、跡地整備に反映させた。跡地の東側は昨年の公募を経て医療法人が18年度に回復期リハビリテーション機能を備えた病院を整備予定。応募がなかった西側は今年2~5月に再公募し、大和ハウス1社から提案があった。


シェアする