1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 練習風景で魅力感じて 鎌倉でセーリング見学会

練習風景で魅力感じて 鎌倉でセーリング見学会

スポーツ 神奈川新聞  2019年07月16日 05:00

 江の島(藤沢市)で来夏開催される東京五輪セーリング競技を前に、各国選手らの練習風景を船上から見学するイベントが8月11日に開かれる。鎌倉市などの主催で、参加無料。

 当日はリビエラ逗子マリーナ(逗子市小坪)に集合し、クルーザーに乗船。2004年アテネ五輪セーリング競技銅メダリストの関一人さんが競技の魅力などを解説し、レース会場に予定されている相模湾上でフランスなど各国選手の練習風景を見学する。五輪会場となる江の島ヨットハーバーにも立ち寄り、フランスチーム選手と交流する。

 鎌倉市は18年4月、同国セーリング連盟と事前キャンプ協定を締結したことなどから、同12月にホストタウンに登録された。市民に競技の魅力をより深く知ってもらおうと企画した。

 開催時間は(1)午前10時~午後1時(2)午前11時半~午後2時半(3)午後1~4時。定員は各回25人。市在住・在学・在勤の小学生以上が対象。希望者多数の場合は抽選となる。申し込みは7月22日までに、市文化人権課へファクスなどで。問い合わせは、同課電話0467(61)3870。 


シェアする