1. ホーム
  2. 話題
  3. フロンターレの応援へ 川崎信金が定期預金開始

フロンターレの応援へ 川崎信金が定期預金開始

話題 神奈川新聞  2017年09月01日 02:00

 川崎信用金庫(川崎市川崎区)は9月1日、個人限定で「フロンターレ定期預金」の取り扱いを始める。

 6カ月ものスーパー定期(自動継続型)で、金利は通常の店頭表示利率(8月31日現在0・010%)だが、先着3千人に川崎フロンターレロゴ付きボールペンが贈られる。また抽選で、登録全選手のサイン入りユニホーム(10人)や試合観戦チケット(11月18日・等々力陸上競技場のガンバ大阪戦、パーティーシート5組15人)が当たる。

 取り扱いは10月13日までで、預入単位は30万円以上1千万円未満。期間内に個人型確定拠出年金を申し込むと当選確率が50倍になる。

 同信金はフロンターレのオフィシャルスポンサー。担当者は「リーグ戦が3位で、アジア・チャンピオンズリーグ、JリーグのYBCルヴァン・カップ、天皇杯と、いずれも優勝の可能性がある。ぜひ初タイトルへの雰囲気づくりにつながれば」と話している。


シェアする