1. ホーム
  2. 話題
  3. 「小倉橋」で平成振り返る 城山商工会が写真コン作品募集

「小倉橋」で平成振り返る 城山商工会が写真コン作品募集

話題 神奈川新聞  2019年07月15日 12:04

1990年7月に撮影された小倉橋
1990年7月に撮影された小倉橋

 相模原市緑区城山地区(旧城山町)の商工業団体、城山商工会の青年部は、平成に撮影された小倉橋と新小倉橋の写真を対象とした「小倉橋フォトコンテスト」を行う。四季折々の写真から平成を振り返ってもらおうと、毎年開催しているコンテストの特別編として初めて企画した。9月6日まで作品を募集し、10月に入賞者を表彰する。

 1938年に架けられた小倉橋(相模原市緑区)は美しいアーチが特徴で、同地区のシンボル。相模川に架かる最も古い道路橋で、周辺は「かながわの景勝50選」にも選ばれている。2004年には隣に新小倉橋が完成した。

 小倉橋架橋50年を記念して、1988(昭和63)年から毎年夏にライトアップされてきた。ライトアップ期間中の写真をコンテストの対象としてきたが、改元を記念して季節を問わない作品を集めることにした。大島利通実行委員長は「橋の前での家族写真など、ぜひ多くの作品を寄せてほしい」と話している。


2018年のフォトコンテストで最優秀賞に当たる青年部長賞に選ばれた作品(城山商工会提供)
2018年のフォトコンテストで最優秀賞に当たる青年部長賞に選ばれた作品(城山商工会提供)

 募集題材は「小倉橋や新小倉橋、周辺の自然環境」で、89(平成元)年から、今年9月6日までに撮影された未発表作品。対象はLサイズ以上にプリントした作品(推奨は四つ切り)で、1人10作品まで。選考を経て、最優秀賞、優秀賞、神奈川新聞社賞が贈られる。

 問い合わせ、申し込みは同商工会電話042(782)3338。


シェアする