1. ホーム
  2. 話題
  3. 地元名産、枝豆PR 高津で品評会&即売会 川崎

地元名産、枝豆PR 高津で品評会&即売会 川崎

話題 神奈川新聞  2019年07月15日 05:00

出品された枝豆を審査する審査員ら=武蔵溝ノ口駅改札前広場
出品された枝豆を審査する審査員ら=武蔵溝ノ口駅改札前広場

 川崎市高津区の農業を広く市民に知ってもらおうと、「えだまめ品評会&即売会」が13日、JR武蔵溝ノ口駅改札前広場(同区)で開かれた。JAセレサ川崎そ菜部高津支部などの主催。40年続く品評会だが、広くPRしようと今回は初めて同所で行われた。

 展示・即売の前に開かれた審査では、出品された「湯あがり娘」や「サッポロミドリ」などの枝豆18点を審査員が評価。サヤ付きの良さや重さ、色味などを丁寧に見極めていた。優秀1点、優良2点、佳良3点が選ばれ、出品された枝豆はその場で値付けされ、展示後に即売された。

 同JAの関係者は「枝豆は高津区の名産品の一つ。川崎のような都会で行われている都市型農業のPRになれば」と話していた。


シェアする