1. ホーム
  2. 話題
  3. 恐竜ロボットなどで太古の世界再現 横須賀でイベント開幕

動画
恐竜ロボットなどで太古の世界再現 横須賀でイベント開幕

話題 神奈川新聞  2019年07月13日 13:28

上地市長(右)に解説をしながら恐竜パーク会場を案内する金井さん(右から2人目)=横須賀市平成町の「うみかぜ公園」
上地市長(右)に解説をしながら恐竜パーク会場を案内する金井さん(右から2人目)=横須賀市平成町の「うみかぜ公園」

 ティラノサウルスなど恐竜ロボット12種類18体と植栽で太古の世界を再現する屋外型イベント「ヨコスカ恐竜パーク2019」が13日、横須賀市平成町の「うみかぜ公園」で始まった。

 テープカットなどが行われたオープニング式典には上地克明市長らが出席。開園前に約200人の行列ができた。

 主催者を代表し神奈川新聞社の並木裕之社長が「横須賀市の協力で実現した新たな集客の試みであり、街のにぎわいに貢献していきたい」とあいさつ。日本を代表する造園家で会場プロデューサーの金井良一さんは「晴れ、曇天、雨、風など日々変わる天候の下で、恐竜たちがどんな日常を過ごしてきたのかを想像しながら、楽しく空間づくりを進めた」と説明した。

 金井さんの案内で会場を見学した上地市長は「迫力とリアリティーがありますね」と見入っていた。

 9月8日までで午前10時~午後5時(最終入場午後4時半)。入場料は大人1500円、中高生1200円、子ども500円、3歳以下無料。「うみかぜ公園」は京急線県立大学駅下車徒歩15分。問い合わせは、事務局電話046(854)9993。



シェアする