1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 商業利用は許されるのか JR山手線駅名で駅名向上委員会

商業利用は許されるのか JR山手線駅名で駅名向上委員会

カルチャー 神奈川新聞  2019年07月12日 09:47

左から能町みね子、今尾恵介、杉内由佳、飯間浩明、小林政能=1日夜、東京都渋谷区のLOFT9
駅名や地名を巡り議論した「駅名向上委員会」。左から能町みね子、今尾恵介、杉内由佳、飯間浩明、小林政能=1日夜、東京都渋谷区のLOFT9

 来春開業する東京都港区のJR山手線の駅名が「高輪ゲートウェイ」に決まったことに対し、撤回と「高輪駅」の採用を求めている有識者5人が、駅名を語るイベントを都内で開いた。共有されたのは「駅名は公共財だ」との認識だ。

 タイトルは「駅名向上委員会」。会場は100人超の熱気に包まれた。登壇者は▽能町みね子(エッセイスト・イラストレーター)▽飯間浩明(国語辞典編纂(へんさん)者)▽今尾恵介(日本地図学会「地図と地名」専門部会主査)▽小林政能(境界協会主宰)▽杉内由佳(立正大学非常勤講師)。

 新駅名は昨年12月、JR東日本が発表。公募1位は8398件の高輪だったが36件、130位の名称が採用され、歴史性を無視しているなど反対の声が高まった。能町はすぐに撤回の署名活動をネット上で始め、約1カ月で4万7930人の賛同を集めた。

 当時、能町は雑誌の連載に「『決まっちゃったらしょうがない』の無力モードが世間を支配している」中でも、この駅名ならば変えられるのでは-と書いた。「書いたからには私がやらねばと思って始めた」と署名活動を振り返った。

 本紙に「地図と歩く神奈川」を連載中の今尾は「駅名には昔からの地名を採用するのが基本だ」とした一方、戦後は観光客誘致のため、各地に「高原」と付く駅名が現れたと指摘。さらに、新鮮さの表現のため仮名交じりが増えた近年の例として、つくばエクスプレスの▽流山セントラルパーク▽流山おおたかの森▽柏の葉キャンパス▽みらい平などの駅名を挙げ、苦笑を誘った。

 その上で、今尾は「歴史的な地名を無視し、公共物の側面もある駅名を商業利用することは、どこまで許されるのか」と問題提起。飯間も「駅名は単なる記号ではない」と応じた。

 能町は最後に、山手線のほぼ全駅を改称する私案を披露。目黒を権之助坂(ごんのすけざか)に、原宿を竹下に、新橋を烏森(からすもり)に、新宿さえも角筈(つのはず)にする大胆なものだ。秋葉原は「あきばがはら」という古来の読み方にする。実際に変更を求めるのでなく、歴史との関わりを再考する「思考実験」として示した。会場からも感嘆の声が上がった。

 イベントは1日夜、東京都渋谷区のトークライブハウス「LOFT9 Shibuya」で開催された。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃