1. ホーム
  2. 経済
  3. 海老名市内最高層住宅を着工 駅間地区、19年秋完成へ

海老名市内最高層住宅を着工 駅間地区、19年秋完成へ

経済 神奈川新聞  2017年08月30日 02:00

事業者が参加した海老名市内最高層マンションの起工式=同市めぐみ町
事業者が参加した海老名市内最高層マンションの起工式=同市めぐみ町

 小田急電鉄(東京都新宿区)グループが開発を進める小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅間の「海老名駅間地区」(同市めぐみ町)で市内最高層の分譲マンションの起工式が29日、行われ、事業関係者が参加した。

 地上31階304戸で高さは約100メートル。延べ床面積は約3万3千平方メートルの免震型タワーマンションとなり、完成予定は19年10月。

 同社が2年前に地区計画を発表。約3・5ヘクタールの用地を対象に業務・商業系、住宅系の2エリアで16年10月に事業化が始まった。

 16年度の商業施設に続き、今回のマンション着工により、市が掲げる「東西一体のまちづくり」が本格化する。マンション3棟を含めて計10棟が25年度までに順次完成する予定。

 一方、駅西口地区(同市扇町)では、相鉄(横浜市西区)グループが地上25階477戸、2棟形式のツインタワーマンションを5月に着工した。

 県央地域のターミナル駅の利便性を生かした開発ラッシュで、周辺の景観も一変しそうだ。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会