1. ホーム
  2. 政治行政
  3. たばこ原因増加 上半期火災概要 川崎

たばこ原因増加 上半期火災概要 川崎

政治行政 神奈川新聞  2019年07月10日 10:55

 川崎市消防局は、2019年上半期(1~6月)の火災概要をまとめた。火災による死者は4人で前年同期比で1人減。発生件数は同6件減の167件だった。

 火災による死者は、住宅火災が3人、放火自殺が1人だった。火災件数の内訳は、建物火災が109件(前年同期比4件減)で全体の65・3%。このうち70件が住宅火災で、共同住宅で2人、一戸建て住宅で1人が死亡した。

 出火原因は、たばこが最多の34件(同8件増)で全体の20・4%を占めた。このうち、消火を確認せずに捨てたことによる出火が25件で、とりわけ住宅での発生が9件と前年同期より5件増えた。

 次いで放火(疑いを含む)が24件(同10件減)、こんろが22件(同2件減)、配線器具が12件(同4件減)と続いた。

 市消防局予防課の担当者は「住宅での火災は燃え広がりやすくて危険。たばこを捨てる際は水を掛けて完全に火が消えたことを確認してほしい。喫煙者だけでなく、家族ぐるみで防火対策を考えてもらいたい」と話している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕