1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 7月12日の試合速報・結果

高校野球神奈川大会 1回戦
7月12日の試合速報・結果

高校野球 神奈川新聞  2019年07月13日 00:59

サーティーフォー保土ケ谷球場

(1)中大付横浜白山(延期)
7/13(土)サーティーフォー保土ケ谷球場 第1試合 9:00~ に変更

(2)田奈・釜利谷・永谷舞岡
田奈・釜利谷・永谷
200 000 000|2
010 100 02X|4
舞岡

【関連記事】田奈・釜利谷・永谷、悲願の夏1勝に届かず
【田奈・釜利谷・永谷-舞岡】フォトギャラリー

【評】舞岡が田奈・釜利谷・永谷の合同チームを終盤振り切った。同点の八回無死一、三塁から中里が勝ち越しの犠飛、長野の犠飛などで2点を奪い試合を決めた。エース金子留は140球、11奪三振の力投で完投勝利。合同チームは菅原が五回途中から好救援。11安打を放ったが届かなかった。


【舞岡-田奈・釜利谷・永谷】
【舞岡-田奈・釜利谷・永谷】

大和スタジアム


【藤沢工科-慶応】
【藤沢工科-慶応】

(1)藤沢工科慶応(5回コールド)
藤沢工科
000 01|1
003 09x|12
慶応

【関連記事】慶応、初戦はコールド勝ち 2回戦は15日の逗子
【関連記事】慶応コールド発進 「チームのために集結を」
【藤沢工科-慶応】フォトギャラリー

【評】3本塁打を含む長打で慶応が圧倒。三回に小林の適時二塁打、本間の2ランで3点を先制。五回には関の3ラン、吉川の3点三塁打、代打佐藤の2ランなど打者11人の猛攻で9得点を奪った。藤沢工科は五回に主将田中の適時打で1点を返して意地を見せた。

(2)相模田名港北
相模田名
002 000 000|2
000 003 00X|3
港北

【関連記事】港北、監督に贈る初勝利 「定年までに校歌を」
【相模田名-港北】フォトギャラリー

【評】港北の右腕渡辺が粘投で6年ぶりの勝利に導いた。直球とカットボールがさえ、四回以降は1度も三塁を踏ませず、打線も六回に清水の適時打、門倉の適時三塁打と暴投で一気に逆転した。相模田名は三回に高橋の適時二塁打などで2点先制も続かなかった。

○港北・中島マネジャー 泣かないって決めてたのに。コールド負けは嫌だと思っていた。超うれしい。


【相模田名-港北】
【相模田名-港北】



サーティーフォー相模原球場


【横浜立野-桐蔭学園】
【横浜立野-桐蔭学園】

(1)桐蔭学園横浜立野
桐蔭学園
100 010 007|9
000 000 000|0
横浜立野

【関連記事】エース伊礼が17奪三振 桐蔭が完封で初戦を突破
【関連記事】桐蔭・伊礼、圧巻の17K 直球で初完封
【関連記事】横浜立野、20歳の指揮官 桐蔭相手に堂々
【桐蔭学園ー横浜立野】フォトギャラリー

【評】桐蔭学園の左腕伊礼が5安打17奪三振で完封。伸びのある直球を四隅に投げ分けた。打線は九回に木本の3点二塁打など打者11人の猛攻で7点を奪った。横浜立野は内野の堅守が光り八回まで2点差と粘ったが、最後に好投の高橋光がつかまった。

(2)瀬谷橋本
瀬谷
105 200 010|9
000 000 312|6
橋本

【関連記事】橋本・高瀬、倒れた母に恩返しの雄姿
【瀬谷-橋本】フォトギャラリー

【評】瀬谷が逃げ切った。三回に小林裕の2点三塁打を含む6短長打などで5得点。四回にも斎藤のスクイズなどで2点を追加した。右腕橋本は六回まで無安打に抑えた。橋本は七回に高瀬の2点二塁打が飛び出すなど、終盤に計10安打の猛攻で3点差に迫った。


【橋本-瀬谷】
【橋本-瀬谷】

横須賀スタジアム


【武相ー横須賀学院】
【武相ー横須賀学院】

(1)武相横須賀学院
武相
001 001 011|4
000 000 000|0
横須賀学院

【関連記事】「みんなを安心させたい」 武相・井上、強心臓の完封劇
【武相ー横須賀学院】フォトギャラリー

【評】武相が左腕井上の好投で快勝した。伸びのある直球を軸に7三振を含む7安打完封。打線は三回1死二、三塁に魚谷の左前打で先制。九回には島内のソロ本塁打で突き放した。横須賀学院は先発笠原が粘投したが、4度の三者凡退を喫すなど本塁が遠かった。

◯武相・島内(ソロ本塁打) 少し差し込まれたけど、入ってくれて良かった。調子を上げていきたい。

(2)県川崎藤沢総合
藤沢総合
210 040 010|8
001 001 200|4
県川崎

【県川崎-藤沢総合】フォトギャラリー

【評】先発全員の計14安打と打線が活発な藤沢総合が逃げ切った。初回1死一、三塁に田村の左犠飛などで2点を先制。五回に短長5安打で4点を加え、継投策で反撃をしのいだ。10人の県川崎は6点を追う六回に1点、七回は4連打で2点を返し、最後まで諦めなかった。

○藤沢総合・主将田村 例年部員は少ないけど、今年は個性的で最初はバラバラだった。やっとまとまってきた。
●県川崎・主将芦野 やり切った。悔しいけど次の人生に生かしたい。(後輩へ)部員が少なくなるけど、諦めずに勧誘から頑張ってほしい。


【藤沢総合-県川崎】
【藤沢総合-県川崎】



藤沢八部球場


【藤沢西-アレセイア】
【藤沢西-アレセイア】

(1)藤沢西アレセイア
藤沢西
000 012 101|5
000 000 000|0
アレセイア

【関連記事】藤沢西・左腕渡辺、走攻守に躍動
【藤沢西ーアレセイア】フォトギャラリー

【評】藤沢西が完封リレーで快勝した。左腕渡辺は8回11奪三振。内角を突く直球と膝元への変化球が効果的で、三塁を踏ませなかった。打線も中盤以降、小刻みに援護した。アレセイアの右腕望月は四回まで無安打投球も、相手のバント攻撃にリズムを乱された。

(2)湘南

100 000 010|2
000 001 011x|3
湘南

【関連記事】湘南、控え3人の粘投 「エースの復帰まで勝つ」
【東-湘南】フォトギャラリー

【評】湘南が2度の劣勢を追い付きサヨナラ勝ち。七回を除き毎回の走者を得点圏に進めながら15残塁と攻めあぐねたが、九回に大川の右前打で試合を決めた。3右腕が粘り強く投げ、バックも無失策。東の左腕安藤は8回2失点の力投も報われなかった。


【東-湘南】
【東-湘南】

中栄信金スタジアム秦野


【厚木西ー神奈川工】
【厚木西ー神奈川工】

(1)厚木西神奈川工
神奈川工
200 001 010|4
010 002 000|3
厚木西

【厚木西-神奈川工】フォトギャラリー

【評】神奈川工が接戦を制した。初回に3短長打で2点を先制すると、同点の八回には岡田、山城の連打で決勝点をもぎ取った。先発早川は変化球を駆使して六回途中3失点。厚木西は無失策の守備が光ったが、12安打12残塁と好機を生かしきれなかった。

●厚木西・主将小島 下級生が頑張ってくれた。厳しいことを言ってきたが、最後に一緒にプレーできて良かった。

(2)県商工神奈川大付
県商工
000 000 030|3
000 020 000|2
神奈川大付

【関連記事】県商工、メンタルトレーニング奏功
【関連記事】神奈川工・初の女子部員 紅一点の声援実る
【県商工ー神奈川大付】フォトギャラリー

【評】県商工は0-2の八回、関根の2点適時三塁打など4連打で3点を奪い、逆転。先発菅は9四球と制球に苦しむも、七回途中2失点と踏ん張った。神奈川大付は主戦瀬藤が粘投したが、1点を追う八回の満塁機を逃すなど13残塁が痛かった。


【県商工-神奈川大付】
【県商工-神奈川大付】

小田原球場

(1)足柄百合丘(延期)
7/13(土)大和スタジアム 第1試合  9:00~ に変更

(2)相模原中等厚木
厚木
000 000 110|2
101 010 00X|3
相模原中等

【関連記事】相模原中等、初戦を制す 「次はタテジマに挑む」
【関連記事】厚木・94歳OB、惜敗の後輩を誇る
【相模原中等-厚木】フォトギャラリー

【評】相模原中等が1点差で逃げ切った。三回に4番星野が適時二塁打を放つなど五回まで3得点と試合を優位に進めた。エース小池もスライダーと直球を巧みに織り交ぜ、八回途中まで2失点と粘投。厚木は九回1死二塁の同点機を生かせなかった。

●厚木・先発斎藤啓 自分の力を出し切れたと言えるけれど、悔しいというのが率直な気持ち。最後の夏はサガミと戦いたかった。


【相模原中等-厚木】
【相模原中等-厚木】



いせはらサンシャイン・スタジアム


【秦野総合-元石川】
【秦野総合-元石川】

(1)秦野総合元石川
秦野総合
000 000 000|0
010 000 00X|1
元石川

【関連記事】元石川・新保、117球完封 「夏の勝利って、こんなに」
【秦野総合ー元石川】フォトギャラリー

【評】元石川がエース新保の力投で逃げ切った。力強い直球、鋭く落ちるスライダーで要所を締めて7安打完封。打線は3犠打、10四死球からようやく1点をもぎ取った。秦野総合の小池も2安打1失点で完投したが、打線が毎回出塁の好機を生かせなかった。

(2)大和鶴見
鶴見
000 000 000|0
000 001 00X|1
大和

【関連記事】大和・八田14奪三振 バッテリー、信じたサイン
【大和ー鶴見】フォトギャラリー

【評】大和はエース八田が14奪三振で完封し、初戦を突破。六回以降に複数走者を3度も背負いながら低めのスライダーでしのぎ、高橋の適時二塁打で奪った1点を守り抜いた。鶴見もわずか1四球で1失点完投した右腕佐伯、3安打の有友の活躍は見事だった。


【大和-鶴見】
【大和-鶴見】

俣野公園・横浜薬大スタジアム

(1)橘学苑鎌倉(延期)
7/13(土)横須賀スタジアム 第1試合  9:00~ に変更

(2)秀英鶴嶺(5回コールド)
秀英
000 11|2
113 07x|12
鶴嶺

【関連記事】鶴嶺、代打の切り札が大仕事
【鶴嶺-秀英】フォトギャラリー

【評】攻守ともに堅実だった鶴嶺が快勝。守っては2併殺をマークし、伸びのある直球を主体とする右腕藤沢に気持ちよく腕を振らせた。打線は2スクイズを含む4犠打で着実に加点した。秀英はほぼ毎回安打を放って2点を返したが、守りのミスが痛かった。


【鶴嶺-秀英】
【鶴嶺-秀英】

 

シェアする