1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 7月11日の試合速報・結果

高校野球神奈川大会 1回戦
7月11日の試合速報・結果

高校野球 神奈川新聞  2019年07月12日 02:16

 第101回全国高校野球選手権神奈川大会第2日は11日、横浜スタジアムなど10球場で1回戦20試合を行い、新城が小田泰誠(3年)の2点打で、幸に6-5でサヨナラ勝ちした。小田原は右腕長谷川和久(2年)が12奪三振で3安打完封し、3-0で平塚江南を破った。

 城山は6-5で松陽に逆転勝ちし、金沢総合は11-1で上鶴間に五回コールドで、4年ぶりに初戦を突破した。

 第3日は12日、サーティーフォー保土ケ谷球場など9会場で1回戦18試合を行う。

横浜スタジアム


【大師-横浜学園】
【大師-横浜学園】

(1)大師横浜学園
横浜学園
000 01|1
030 10X|13
大師
(5回コールド)

【関連記事】大師が横浜学園にコールド勝ち 斉藤が2ラン
【関連記事】大師・右腕佐藤が力投「先輩の声を頼りに」
【大師-横浜学園】フォトギャラリー

【評】集中打が光った大師が五回コールド勝ち。二回に斉藤の2ラン、中島の適時打で3点を先制し、四回は越智の3点三塁打、佐藤のランニング本塁打などで10点を追加。先発佐藤は切れの良い直球で2安打に封じた。横浜学園は佐藤臣-武田の継投が実らなかった。

(2)松陽城山
城山
002 020 011|6
100 200 101|5
松陽

【関連記事】乱打戦、軍配は城山に OB上田さん、格別の1勝
【松陽-城山】フォトギャラリー

【評】シーソーゲームを城山が制した。四回途中から登板した右腕笹野が流れを呼び込み、打線は五回に石山、高橋の連続適時打で逆転。八回にも林の中犠飛で再び勝ち越すなど小刻みに加点。松陽は相手を上回る10安打も2度の併殺打ともう一押しできなかった。


【松陽-城山】
【松陽-城山】

サーティーフォー保土ケ谷球場


【横浜商大-麻生】
【横浜商大-麻生】

(1)横浜商大麻生
麻生
000 000 000|0
030 100 02X|6
横浜商大

【関連記事】横浜商大の右腕松岡が4安打完封
【関連記事】麻生・小田川、成長のマウンド 強豪打線に奮闘
【横浜商大-麻生】フォトギャラリー

【評】横浜商大は右腕松岡が直球と変化球を丁寧に投げ分け散発4安打完封。打線は二回の先制以降攻めあぐんだが、八回に頼住の適時二塁打などで2点を奪い試合を決めた。麻生は2番手小田川が粘投も二回、五回の好機に一打が出ず。序盤の与四球も痛かった。

(2)山手学院七里ガ浜
七里ガ浜
000 000 0|0
011 122 X|7
山手学院
(7回コールド)

【関連記事】山手学院、エース友次が投打に活躍
【山手学院-七里ガ浜】フォトギャラリー

【評】投打がかみ合った山手学院がコールドで快勝した。先発友次は切れのある速球で押して3安打7奪三振で完封。打線も五回に4連打で畳み掛けるなど14安打に5盗塁を絡めて着実に加点した。七里ガ浜は先発丹野の力投も実らなかった。


【山手学院-七里ガ浜】
【山手学院-七里ガ浜】

大和スタジアム


【新羽-柏木学園】
【新羽-柏木学園】

(1)新羽柏木学園
柏木学園
231 000 04|10
020 000 00|2
新羽
(8回コールド)

【新羽-柏木学園】フォトギャラリー


【評】柏木学園が15安打10得点で快勝した。二回までに5四死球に4本の長短打などを絡めて5点を奪い、試合の主導権を握った。5番諸節は4安打3打点。先発森貞は7回2失点の好投だった。8安打の新羽は好機で一本が出なかった。

 ○柏木学園・先発森貞 夏はやっぱり緊張した。1勝は自信になったけど球が浮いていてまだ調整不足。

(2)大和南上溝
大和南
235 000 000|10
400 001 100|6
上溝

【大和南ー上溝】フォトギャラリー

【評】序盤で試合を有利に進めた大和南が振り切った。二回2死から連続長打で逆転すると、三回は北見の走者一掃タイムリー2塁打など打者9人の猛攻で圧倒した。上溝は初回に四球を挟む3連打で一時逆転。七回には吉井が一発を放って一矢を報いた。

 ●上溝・主将吉井(公式戦初本塁打) 軽いなという感触だった。でも本塁打より最後の打者になった方が悔しい。


【大和南-上溝】
【大和南-上溝】



サーティーフォー相模原球場


【厚木東-麻生総合・市川崎】
【厚木東-麻生総合・市川崎】

(1)厚木東麻生総合・市川崎
麻生総合・市川崎
001 00 |1
040 43x|11
厚木東
(5回コールド)

【関連記事】厚木東がコールド発進 東大野球部出身監督、初戦飾る

【関連記事】厚木東・東大卒監督、データ駆使の勝利
【厚木東ー麻生総合・市川崎】フォトギャラリー

【評】厚木東が5本の長打攻勢で押し切った。二回に鈴木、中山の連続適時二塁打などで4点を先制すると、四回にも3長短打などで4得点。五回には中山の2ランでコールド勝ちを決めた。10人の麻生総合・市川崎は4失策が全て失点に絡んでしまった。

(2)金沢総合上鶴間
金沢総合
500 42 |11
001 00 |1
上鶴間
(5回コールド)

【関連記事】金沢総合・近藤、亡母に届けた勝利 4年ぶり初戦突破
【金沢総合-上鶴間】フォトギャラリー

【評】金沢総合が初回のチャンスを逃さなかった。3連続四球を選んで満塁とすると、永島、山城、中山の3連続長打で5得点。四、五回にも加点した。四回の重盗を含め5盗塁と機動力も光った。上鶴間は三回に長短打で1点を返したが以降は1安打に終わった。


【金沢総合-上鶴間】
【金沢総合-上鶴間】

横須賀スタジアム


【横浜サイエンスフロンティア-横須賀総合】
【横浜サイエンスフロンティア-横須賀総合】

(1)横浜サイエンスフロンティア横須賀総合
横浜サイエンスフロンティア
000 010 0|1
310 104 X|9
横須賀総合
(7回コールド)

【横浜サイエンスフロンティアー横須賀総合】フォトギャラリー


【評】相手ミスを逃さず横須賀総合がコールド発進。一回に敵失、暴投で先制し、立川の適時二塁打で計3点、六回には長短5連打で4点を追加した。先発立川は緩急を交え、5回1失点の好投だった。横浜サイエンスフロンティアは4失策と守備の乱れが響いた。

 ○横須賀総合・先発立川 変化球のスラーブがよく決まった。次戦は疲れたところで乱れないようにしたい。

 ○横須賀総合・主将久野 自分たちのリズムに乗れた。ベスト16を目指し一戦必勝で頑張りたい。

(2)湘南台新栄
新栄
000 000 0|0
201 001 3x|7
湘南台
(7回コールド)

【関連記事】湘南台・主将中嶋、刺激し合う双子の弟

【湘南台-新栄】フォトギャラリー

【評】攻守のかみ合った湘南台がコールド勝ち。初回に敵失絡みで2点を先制し、三回は清水、長屋の連続二塁打で加点。ボール球に手を出さず仕留めた。右腕清水は再三の窮地を切り抜け、6安打完封。新栄は先頭打者が4度出塁するも、好機を生かせなかった。

 ○湘南台・宇留志監督 チームは厚みを帯びてきた。雰囲気は歴代で一番。我慢し続けた子どもたちの苦労が実った。


【湘南台-新栄】
【湘南台-新栄】



藤沢八部球場


【荏田-大磯】
【荏田-大磯】

(1)荏田大磯
荏田
100 000 001|2
020 001 01X|4
大磯

【関連記事】大磯の丸山が逆転アーチ 大会第一号ホームラン

【関連記事】大磯・丸山、大会第1号 全速力の一周
【関連記事】令和の野球「球児の希望につなげる」荏田・宇賀神主将宣誓
【荏田-大磯】フォトギャラリー

【評】大磯の右腕丸山が投打に活躍した。1点を追う二回、左翼席に大会第1号の逆転2ランを放ち、投げても尻上がりに球威を増して九回途中2失点。荏田は初回に先手を取ったが、畳み掛けられずに計10残塁。粘投の右腕伊藤を援護できなかった。

(2)平塚農麻布大付
平塚農
000  00|0
13109 5X|37
麻布大付
(5回コールド)

【平塚農-麻布大付】フォトギャラリー

【評】麻布大付が毎回の37得点を奪う記録的な大勝。22四死球と制球の乱れた相手投手陣を計21安打と打ち込んだ。初回に打者18人を送って一方的な展開に持ち込むと、その後も攻め手を緩めなかった。平塚農は終始守勢に立たされ、統合前最後の夏を終えた。

 ●平塚農・主将阿部(統合前最後の夏を飾れず) 守りの時間が長くて集中力が切れかけたが、最後まで諦めない姿を見せられた。忍耐力の強さが平農の伝統。後輩にも受け継いでほしい。


【平塚農-麻布大付】
【平塚農-麻布大付】

中栄信金スタジアム秦野


【秦野-綾瀬】
【秦野-綾瀬】

(1)秦野綾瀬
秦野
111 000 000|3
010 003 13X|8
綾瀬

【関連記事】秦野、意地のアーチ 地元の声援を背に

【秦野-綾瀬】フォトギャラリー

【評】綾瀬が14安打を集めて快勝した。打線は高めの球を逃さず、六回に福岡の2点適時打で逆転。左腕鈴木航は低めに落ちる球で打たせて取り、3失点完投。秦野は鈴木のソロなど4長打で3点を奪ったが、打線が大振りになった四回以降は散発2安打だった。

(2)秦野曽屋桜丘
秦野曽屋
000 100 002|3
200 101 01X|5
桜丘

【関連記事】秦野曽屋・高瀬、適時打も及ばず
【秦野曽屋-桜丘】フォトギャラリー

【評】桜丘が小刻みに加点して逃げ切った。早打ちに徹した打線は岡の3安打などで主導権を握り、3度の先頭出塁を全て得点につなげた。秦野曽屋は九回に高瀬の適時二塁打などで2点差まで迫ったが、バッテリーミス、失策が絡んだ4失点が最後まで響いた。

 ○桜丘・岡(3安打。兄・勇樹は川和の正遊撃手、父・茂樹は氷取沢OBで元主将) 打撃は父や兄と特訓して磨いてきた。打って強い私学を倒したい。


【秦野曽屋-桜丘】
【秦野曽屋-桜丘】

小田原球場


【小田原-平塚江南】
【小田原-平塚江南】

(1)小田原平塚江南
小田原
021 000 000|3
000 000 000|0
平塚江南

【関連記事】小田原・長谷川、3安打完封 「相手の応援も自分に」

【小田原ー平塚江南】フォトギャラリー

【評】小田原の右腕長谷川が12奪三振で3安打完封。直球と2種類の変化球でテンポ良くコーナーを突き、得点圏に走者を進めたのは2度のみと危なげなかった。平塚江南の先発石井も5回3失点と踏ん張ったが、攻撃は4四死球を生かせなかった。

(2)神奈川総産横浜翠嵐
横浜翠嵐
041 133|12
000 010|1
神奈川総産
(6回コールド)

【関連記事】「最高の試合ができた」 単独出場・神奈川総産、全力で

【神奈川総産-横浜翠嵐】フォトギャラリー

【評】横浜翠嵐が12安打12得点で六回コールド勝ち。二回に柏原の3点本塁打などで4点を先制すると以降も長打攻勢で得点を重ねた。先発北川は5四死球と制球を乱しながらも13奪三振、1失点で踏ん張った。神奈川総産は散発4安打で守備も安定感を欠いた。


【神奈川総産-横浜翠嵐】
【神奈川総産-横浜翠嵐】



いせはらサンシャイン・スタジアム


【光陵-上溝南】
【光陵-上溝南】

(1)光陵上溝南
光陵
000 000 001|1
011 100 00X|3
上溝南

【光陵-上溝南】フォトギャラリー


【評】上溝南のエース落合が4安打1失点と好投。6四死球と制球に苦しんだが外角低めに力強い直球を集めて打ち取った。攻めては盗塁など機動力を生かして二~四回に効果的に得点した。光陵は九回1死から敵失と連打で奪い取った1点で意地を見せた。

(2)深沢座間総合
深沢
010 010 010|3
000 010 102x|4
座間総合

【関連記事】座間総合サヨナラ、勇退予定監督への白星
【深沢-座間総合】フォトギャラリー

【評】座間総合がサヨナラ勝ち。九回無死から連続四球と内野安打で満塁にし、4番林の左前同点適時打が敵失を誘って逆転。左腕冨田は丁寧な投球で打たせて取り、6回2失点と粘投した。深沢はリードしていただけに九回の継投策を実らせたかった。


【深沢-座間総合】
【深沢-座間総合】

俣野公園・横浜薬大スタジアム


【新城-幸】
【新城-幸】

(1)新城

001 000 022|5
000 003 102x|6
新城

【関連記事】幸、雪辱ならず 難敵新城、終盤まで追い詰め

【新城-幸】フォトギャラリー

【評】新城が九回裏に4番小田の逆転2点打でサヨナラ勝ち。苦しい展開ながらも無失策の守備で大崩れせず、勝機をつないだ。幸は右腕上田が変化球で幻惑し中盤までリード。九回表には2死から伊藤が逆転2点打を放つなど粘り強く戦ったが、3失策が響いた。

(2)多摩生田東
生田東
000 020 12|14
010 020 0|3
多摩
(7回コールド)
【多摩ー生田東】フォトギャラリー

【評】七回に打者16人で一挙12点を奪った生田東がコールド勝利。先頭佐藤結の二塁打を足掛かりに小技と足も絡めて畳み掛け、勝負を決めた。先発宮田も1四球と余計な出塁を許さず7回3失点でまとめた。多摩は序盤優勢に進めたが、エース二宮が力尽きた。

 ○生田東・2番諸熊(再三の好守にセーフティースクイズ含む2本のバント安打) バントには自信がある。それで揺さぶって自分も生きてつなぐのが役割だと思っている。


【多摩-生田東】
【多摩-生田東】

 

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱