1. ホーム
  2. 話題
  3. 多世代交流の夕涼み会 横須賀・商店街に手作り模擬店

多世代交流の夕涼み会 横須賀・商店街に手作り模擬店

話題 神奈川新聞  2019年07月07日 05:00

多くの家族連れでにぎわうイベント会場=横須賀市衣笠栄町の衣笠仲通り商店街
多くの家族連れでにぎわうイベント会場=横須賀市衣笠栄町の衣笠仲通り商店街

 商店主らの手作りの模擬店が登場する「夕涼み会」が6日、横須賀市衣笠栄町の衣笠仲通り商店街で開かれた。商店街へ足を運んでもらうきっかけにしようと、20年以上続けている企画。市民によるフラダンスなども披露され、多くの家族連れらでにぎわった。

 衣笠商店街連合会の主催。衣笠仲通りなど二つの商店街に加盟する34店が、店先に金魚すくいやかき氷、ポップコーンなどの模擬店を出した。浴衣を着た子どもたちが夏本番を前に、一時の涼を味わった。

 特設ステージではフラダンスのほか、ソーラン節の曲調や歌詞をアレンジした「すかっ子ソーラン」も披露され、多くの来場者が見入っていた。

 会場の一角では、県立横須賀高校(同市公郷町)科学部がスチール缶で綿あめを作る体験教室を開催。市内の小学4年、北浦一樹さん(9)は「高校生のお兄さんが優しく教えてくれ、おいしい綿あめができた」と笑顔。同連合会の木継芳孝会長(69)は「幅広い世代の交流で地域を活性化し、商店街のにぎわいづくりにつなげたい」と力を込めた。


シェアする