1. ホーム
  2. 社会
  3. 台風シーズン、全災害に備えよ 小田原市が総合防災訓練

台風シーズン、全災害に備えよ 小田原市が総合防災訓練

社会 神奈川新聞  2019年06月30日 08:00

消防隊員と陸自隊員が協力し、土砂に埋もれた家屋内の被災者を救出した訓練=小田原市久野
消防隊員と陸自隊員が協力し、土砂に埋もれた家屋内の被災者を救出した訓練=小田原市久野

 大雨や台風シーズンを前に、小田原市は29日、初となる「いっせい総合防災訓練」を市内各地で行った。市の訓練は昨年まで年3回行われていたが、あらゆる災害に対し、より総合的、実践的に対応する訓練とするため一本化。市、市消防本部、自治会、小田原署、陸上自衛隊など約1万人が参加し、初動態勢から連携方法まで幅広く確認した。

 市ではこれまで、5月に消防団中心の水防訓練、8月に市消防本部などによる総合防災訓練、10月に住民参加の地震対策訓練が行われていた。本年度からはこれらを一つにまとめ、水防と地震対策を隔年でテーマとする全市的な訓練にあらためた。今回は水防がテーマで、全市的な水防訓練も初めて。

 訓練は、県西部で未明から酒匂川流域の想定最大規模となる1日当たり530ミリを超える雨が降り続け、時間を追うごとに市内各地で河川が氾濫(はんらん)、土砂崩れなどの被害が発生していると想定。より現実的な設定とするため、各会場は異なった時間軸での訓練となった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする