1. ホーム
  2. 話題
  3. 逗子の海開き、快晴で大歓声 複合遊具、今年もお目見え

逗子の海開き、快晴で大歓声 複合遊具、今年もお目見え

話題 神奈川新聞  2019年06月29日 05:00

海を満喫する地元小学生ら=逗子海水浴場
海を満喫する地元小学生ら=逗子海水浴場

 逗子市の逗子海水浴場が28日、海開きをした。心配された天候も回復して快晴に恵まれ、市立逗子小5、6年生約280人が早速、水をかけ合ったり、ビーチボールで遊んだりして海を楽しんだ。開設期間は9月1日まで。

 市が砂浜での飲酒や入れ墨の露出などを禁止する条例を施行してから6年目を迎えた。桐ケ谷覚市長は式典で「安心、安全のファミリービーチを多くの人に楽しんでほしい」とあいさつした。

 海開きに合わせ、海上に浮かぶビニール製の複合遊具「逗子海岸ウォーターパーク」が今年もお目見えした。沖合約200メートルに設置し、滑り台やトランポリンなどで遊べる。

 遊具の利用時間は午前9時半から午後5時までで、料金は小中学生800円、高校生以上1200円。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会