1. ホーム
  2. 経済
  3. 「旬の果実味わって」 地元産ブドウと梨の品評会

「旬の果実味わって」 地元産ブドウと梨の品評会

経済 神奈川新聞  2017年08月24日 02:00

品評会に並んだ旬のブドウ=藤沢市石川
品評会に並んだ旬のブドウ=藤沢市石川

 旬を迎えた藤沢産のブドウと梨の品評会が23日、藤沢市石川のイトーヨーカドー湘南台店で開かれた。真夏の太陽の日差しを浴びた果実は甘い香りが漂い、早くも買い物客らでにぎわった。

 出品されたのは、藤稔やシャインマスカットなどブドウ28点と、幸水など梨43点。県農業技術センターの職員らが形や香り、糖度などを基準に審査した結果、ブドウは鈴木園(長後)の藤稔、梨は高橋果樹園(菖蒲沢)の幸水が優等賞に選ばれた。

 市農業委員会の齋藤義治会長(70)は「天候の不順で出来栄えが心配されたが、非常に立派な果実が出来上がった。おいしい藤沢の梨とブドウをぜひ多くの人に味わってもらいたい」とアピールしていた。

 梨とブドウは市内の直売所などで販売する。問い合わせは、JAさがみ藤沢市果樹部電話0466(45)4118。


シェアする