1. ホーム
  2. 社会
  3. VW日本法人元役員を起訴 麻薬使用の罪、横浜地検

VW日本法人元役員を起訴 麻薬使用の罪、横浜地検

社会 神奈川新聞  2017年08月23日 02:00

横浜地検
横浜地検

 コカインを使用したなどとして、横浜地検は22日、麻薬取締法違反の罪で、ドイツ国籍のフォルクスワーゲン(VW)グループジャパンの元常務執行役員(53)=東京都港区=を起訴した。

 起訴状によると、被告は6月、同区の自宅で、コカインと覚醒剤の混合物をコカインと思い込み、鼻から吸引して使用。さらに合成麻薬MDMAなどを所持した、としている。

 捜査関係者によると、横浜税関から通報を受けた県警が被告方を家宅捜索。任意提出された尿から覚醒剤とコカインの陽性反応が出たため、覚せい剤取締法違反と麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。


シェアする