1. ホーム
  2. 話題
  3. 華麗なる伝統芸に笑顔 中国民族芸術雑技鑑賞会

華麗なる伝統芸に笑顔 中国民族芸術雑技鑑賞会

話題 神奈川新聞  2017年08月23日 02:00

胡弓などの演奏に合わせ皿回しを披露する中国民族芸術団の団員
胡弓などの演奏に合わせ皿回しを披露する中国民族芸術団の団員

 中国民族芸術雑技(ざつぎ)鑑賞会が22日、川崎市高津区の市立中央支援学校で開かれ、同校の生徒や児童・福祉施設の子どもたち計約500人が中国獅子舞や皿回しの妙技、伝統楽器の演奏などを楽しんだ。

 市遊技場組合(94店加盟)が毎年夏休みに開催し8回目。名古屋に拠点を置く中国民族芸術団の団員が、ロープやこまを使ったアクロバティックな演技や柔軟技を披露。胡弓(こきゅう)や琵琶の演奏に合わせて女性団員2人が皿回しをすると、子どもたちは跳びはねたり、歓声を上げたりして盛り上がっていた。

 吉澤和久組合長は「子どもたちに感動してもらい、こうして笑顔を見せてもらえてうれしい。今後も続けていきたい」と話していた。


シェアする