1. ホーム
  2. 経済
  3. 「住工共生」応援、イベントに助成 横浜市が初導入

「住工共生」応援、イベントに助成 横浜市が初導入

経済 神奈川新聞  2017年08月22日 11:26

 横浜市経済局ものづくり支援課は、製造業を営む企業が主催するイベントなどを補助する「住工共生活動応援事業補助金」の募集を始めた。工場の間近に住宅やマンションなどが建設されるなど住工混在が進むエリアで、イベントを通して製造業への理解を深め、良好な関係を維持しようと、初めて導入された。

 想定されるイベントは、製造業やものづくりへの興味と認識を高める目的で周辺住民を対象に実施する企業主催のオープンファクトリーや、ものづくりワークショップ、工業団地組合の祭りなど。開催にかかる経費の一部を補助する。

 市内の工業地域、準工業地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、市街化調整区域に1年以上事業所を置く、製造業中小企業が対象となる。

 申請前に、電話などでの事前相談が必要。申請期限は、12月28日まで。予算額を超過した場合は、申請期限前に募集を終了する場合がある。事前相談や問い合わせは、住工共生活動応援事業担当電話045(671)2597。


シェアする