1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 行方不明の女子高生 厚木で保護、自称社長の男逮捕 県警

行方不明の女子高生 厚木で保護、自称社長の男逮捕 県警

事件事故 神奈川新聞  2019年06月26日 01:53

 藤沢市に住む高校2年の女子生徒(16)が24日夕から行方不明となり、捜索していた神奈川県警が25日午前に厚木市内の宿泊施設で保護した。捜査1課と藤沢北署は同日夜、未成年者略取の疑いで、発見時に一緒にいた綾瀬市内に住む自称会社社長の男(64)を逮捕。女子生徒の自宅には2千万円を要求する電話があり、身代金目的の可能性もあるとみて調べている。

 逮捕容疑は、24日夕に藤沢市内の路上で、歩いていた女子生徒の口をふさぐなどして体を押さえ込み、乗用車に乗せて連れ去った、としている。女子生徒は厚木市内の宿泊施設に監禁されていたが、25日午前10時すぎに捜査員に保護された。けがはなかったとみられる。

 同課によると、男は「間違いありません。(女子生徒やその家族とは)面識はない」と供述し、容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、女子生徒の自宅に24日午後6時45分ごろ、女子生徒から電話があった。その後に通話相手が代わり、「2千万円用意しろ」と現金の要求があったという。母親が直後に、「知らない男に拉致されたという電話が娘からあった」と110番通報した。県警は防犯カメラをたどるなどして監禁場所を特定した。


シェアする