1. ホーム
  2. 社会
  3. 表現の自由、十分に配慮 当事者「誇らしい」

川崎市の差別根絶条例素案
表現の自由、十分に配慮 当事者「誇らしい」

社会 神奈川新聞  2019年06月25日 05:00

条例素案について審議された川崎市議会文教委員会=川崎市役所
条例素案について審議された川崎市議会文教委員会=川崎市役所

 ヘイトスピーチに50万円以下の罰金を科す条例の素案が示された24日の川崎市議会文教委員会。表現の自由との兼ね合いに示された懸念に対し市側は丁寧、かつ論理的に答えていった。傍聴席で審議を見守った当事者は「法を凌駕(りょうが)する条例が議論されていることが誇らしい」と目を見張った。

 市議の疑問や懸念に市の担当者が逐一答えていく。
 
 市議「ヘイトスピーチ解消法にない罰則を条例で設けることはできるのか」
 
 市側「解消法では自治体の責務として地域の実情に応じた施策が求められる。法の立法事実となったヘイトデモが行われた本市ではいまも同じ行為が再現されかねないという実情がある。条例で上乗せすることは許容されていると考える」

 市議「罰則を設けることは踏み込んだ規制になる」 

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする