1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 海自護衛艦艦長、作戦中にSNSで秘密を漏えい 停職7日

海自護衛艦艦長、作戦中にSNSで秘密を漏えい 停職7日

事件事故 神奈川新聞  2019年06月24日 21:44

 海上自衛隊は24日、非公表の情報を会員制交流サイト(SNS)に投稿して秘密を漏えいしたとして、護衛艦隊司令部の2等海佐(49)を停職7日の懲戒処分にした。

 海自横須賀地方総監部によると、2等海佐は3月26日から4月14日まで、当時艦長を務めていた護衛艦「あさぎり」での作戦行動中、非公表だった艦隊の出入港に関する情報を類推できるような投稿をフェイスブック上にした、としている。2等海佐は「秘匿性と重要性は認識していたが、行動中保全への認識が薄れてしまった」と話している。

 総監部によると、投稿は一部の利用者が閲覧できる状態だった。海自は5月24日、2等海佐を艦長から交代させた。


シェアする