1. ホーム
  2. 社会
  3. 逃走の男、横須賀市内で逮捕 公務執行妨害容疑

愛川・受刑予定者逃走
逃走の男、横須賀市内で逮捕 公務執行妨害容疑

社会 神奈川新聞  2019年06月23日 12:28

逃走の途中で厚木市内のコンビニに立ち寄った容疑者(県警提供)
逃走の途中で厚木市内のコンビニに立ち寄った容疑者(県警提供)

 保釈中に窃盗や覚せい剤取締法違反(使用)などの罪で実刑判決が確定した無職の男(43)が、収容に応じず愛川町の自宅から逃走した事件で、横浜地検と県警は23日、横須賀市内のアパートで男を発見し、公務執行妨害の疑いで逮捕した。

容疑者かくまった容疑、知人の男も逮捕

 逮捕容疑は、19日午後1時5分ごろ、愛川町田代の自宅アパートで、収容のために訪れた地検職員5人に包丁のような刃物を振り回し、公務を妨害した、としている。

 地検によると、23日午前6時40分ごろ、横須賀市森崎4丁目のアパート一室で知人ら複数人と一緒にいる男を県警が発見。警察官数十人がアパートの周囲を囲んで説得し、部屋から出てきた男をその場で逮捕した。

 男の逮捕を受け、横浜地検の竹内寛志次席検事は「地域住民や学校関係者などの皆さまに多大なご心配とご迷惑をお掛けしたことを深くおわびする。今回の事案を検証し、再発防止を徹底したい」と述べ、改めて謝罪した。

 事件は19日午後1時すぎに発生した。地検や県警によると、地検職員らを振り切った男は近くの駐車場に止めてあった乗用車で逃走。約7時間後には厚木市内のコンビニに立ち寄ったことが防犯カメラの映像で確認され、逃走に使った車も同日深夜に同市内で見つかった。

 地検は20日に公務執行妨害容疑で逮捕状を取り、県警も全国に指名手配した。同容疑者が大和市内へ移動したとの情報も得られ、県警と地検は同容疑者が知人を頼って逃走を続けている可能性も視野に行方を捜索していた。

 地検によると、同容疑者は窃盗、傷害、覚せい剤取締法違反などの罪で昨年9月に横浜地裁小田原支部で懲役3年8月の実刑判決を受けた。東京高裁に控訴したが棄却され、今年2月に判決が確定した。


シェアする