1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 海を見渡す場所で「お別れ」 新しい小田原市斎場を公開

海を見渡す場所で「お別れ」 新しい小田原市斎場を公開

政治行政 神奈川新聞  2019年06月22日 13:22

相模湾も見渡せる待合室
相模湾も見渡せる待合室

 7月1日に供用開始する新しい小田原市斎場(同市久野)が報道陣に公開された。

 新斎場は鉄骨造2階建て。現斎場の待合棟があった場所に建てられた。延べ床面積は1階約1440平方メートル、2階約1430平方メートル。PFI方式で整備され、建設費と15年間の維持管理費は計約59億4600万円となる。

 1階エントランスはピロティ(柱のみで自由に通り抜けられる空間)になっており、入り口ドアに寄せたバスからでも雨に濡れずに入ることができる。1階の火葬炉は現状の6基から9基に増え、基本的に2基ごとに20人ほどが入れる「お別れ室」を設けてプライバシーに配慮した。


火葬炉(奥)2基ごとに設けられた「お別れ室」
火葬炉(奥)2基ごとに設けられた「お別れ室」

 2階の待合室は9室あり、大きさで3タイプに分かれ、ほとんどの部屋からは相模湾が見渡せる。またテーブルの天板などには小田原産の木材を使用。赤ちゃん休憩室やキッズルームもある。

 供用開始後、現在の斎場(火葬棟)は取り壊され、駐車場となるほか、広域農道から直接アクセスする進入路の整備なども行われる。駐車可能台数は74台となる予定。

 現斎場は1972年の完成で老朽化が問題となっていた。新斎場は県西部2市5町(小田原、南足柄市、大井、松田、山北、開成、箱根町)でつくる小田原市斎場事務広域化協議会で事業方針の決定を行い、PFI会社が運営する。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会