1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜・港北区が庁舎上層階に蓄電池 初のVPP本格導入

減災
横浜・港北区が庁舎上層階に蓄電池 初のVPP本格導入

社会 神奈川新聞  2019年06月21日 11:16

横浜市港北区は水害に備え、蓄電池を区庁舎の上層階に設置する。現状では浸水で停電する恐れがあり、災害対策本部の機能維持に必要な電源を確保することが目的。市が地域防災拠点で進めているバーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)構築事業を転用する取り組みで、来年3月から運用を始める。市によると、行政...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする