1. ホーム
  2. 社会
  3. オスプレイ事故受け要望 国に県基地連絡協

オスプレイ事故受け要望 国に県基地連絡協

社会 神奈川新聞  2017年08月19日 02:00

 在日米軍基地に関係する県と県内9市でつくる県基地関係県市連絡協議会は18日、基地問題に関する2017年度の要望を日本政府の関係機関に提出した。

 今回は例年の要望に加え、オーストラリア沖で墜落した米軍の新型輸送機オスプレイの安全対策を外務省に要望。県内にも頻繁に飛来している現状を踏まえ、米側への事故原因究明と再発防止要請のほか、飛行時の安全確保や県民の不安解消に国としてしっかり取り組むよう求めた。

 また、横浜港などで南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が見つかった問題に絡み、基地内への侵入防止と発見時の早期撲滅といった外来種対策の徹底を要請した。

 重点要望は、▽米軍基地の整理・縮小・早期返還の推進▽厚木基地の騒音解消▽米原子力艦事故による原子力災害対策の強化-など6項目。中島正信副知事と各市の副市長が関係省庁を訪ねた。


シェアする